2017 05 << 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>
◆◆◆

春と秋は下痢しやすい?

潮干狩りに行っただけで、あとはどこにも出かけずご近所で採取生活に勤しんでいます。ビワ
近くの廃屋に2本の大きなビワの木を発見!黄金色の実が タワワ タワワ タワワ~~~♪
何年も荒地で手入れもされていないのに甘いじゃ~ん(♡´▽`♡) 
杏風に甘酸っぱくコンポートにして冷凍すれば夏のデザートにいいかも~

桑の実ジャム
好物の桑の実ジャム。
木苺類は一斉に熟してあっという間に落ちるので集めにくい果実なんですよね~

ブリタニースパニエル
この時期パン粉は禁雉でストレスたまり気味です。

飾り毛
でも飾り毛が伸びてきたので色っぽくて優雅~

ひっつき虫
といっても直ぐに「ヤブジラミ」の餌食になってツンツルテンになってしまうんですよね。

体調不良
実は10日以上下痢が続いていて、ビオビオフェルミンもエビオスも効果がなく・・・

血液検査
注射と投薬でケロッと治りましたが血液検査で異常はなく結局ハッキリした原因は不明。
去年の秋にも同じ症状で受診しているので、季節の変わり目の寒暖の差が影響しているのかも、ということでした。
ちなみに×がついている「PCV」とは赤血球の割合を示す数値で、
貧血だと数値が下がり脱水だと上がるそうです。下痢しているから脱水気味なんですね。

きゅうり
我が家のキュウリも タワワ タワワ タワワ~~~♪
キュウリは脱水症状に効果的らしいすっd(-_^)


犬を撮影しながら歩くる場合もありますが日常的なものではありません。
19日 2017 犬(ブリタニー・スパニエル)の話
コメントはここから コメント件数 6

走る猪と珍しい竹の花

昨日、竹の子を採りに行った帰り道でイノシシと遭遇!
猪 イノシシ
我々まで10mほど。イノシシと目があってしまいました~(^▽^;)

猪を撮影
幹線道路わきのこんな場所で昼間の2時に・・・


農家の方が電気柵を設置する気持ちは分かります。でも電気柵でイノシシは減らない・・・

淡竹と真竹
毎年良い淡竹がどっさり出る所に行ったのに、なんと影も形もありません!

淡竹の花
すると京都で淡竹の花が咲いたというニュースが! 【↑淡竹の花】いっぱい咲いてました。
竹は花が咲くと枯れることは知っていましたが、淡竹の花は120年周期なんですね~
調べたら全国で同じことが起こっているようです。

地震に怯えるブリタニースパニエル
更に各地で笹の花(60年周期)も咲いているらしく、「笹の花は地震の前ぶれ」とい言うようですが、
今日はドカンッと大地を叩きつけるような地震(振動)が3回もあって、
パン粉はすっかり凹んでしまい久しぶりにビビリータニースパニエルなのでした( ▽ )




犬を撮影しながら歩くる場合もありますが日常的なものではありません。
04日 2017 犬(ブリタニー・スパニエル)の話
コメントはここから コメント件数 2

ブリタニーやセターと暮らすなら

犬の訓練
パピーの訓練をしているというので見学させてもらいました。
栗栖さんが子犬を訓練するというのは久しぶりですね。ポー(栗栖さんの犬)以来だと思います。

セター
生徒の名前は”ソウ” 生後4ヶ月のE・セターのやんちゃ坊主です。

パピー
あるドッグトレーナーの繁殖で、将来は優秀な猟犬となる期待の血統だそうです。
でもハンドラーの力不足が原因で優秀な犬ほど保護犬になる確率が高いんですよね~~~

訓練
名犬を迷犬にしないために、最初のスパルタ特訓はハンドラーと一緒に歩くこと(笑)
ただ空き地をウロウロしているだけに見えますが、これが犬との関係を築く基礎だということが今の私には分かります。
怒鳴ったり叩いたりしなくても、リードで繋がなくても、いちいち指示しなくても、自然体で人に寄り添う犬を育てるための基本です。

ラッシー 名犬ラッシー
人と寄り添う犬と言えば、子どもの頃に憧れていたのがラッシー!\(*^▽^*)フルスギ~~~
ティミー少年と一緒に喜んだり悲しんだり、危険を察知して知らせたり、助けを呼びに行ったり…
ラッシーはいつもティミーに愛情で接していたし、自分で考えて行動できる賢い犬でした。
指示に沿って動くことも重要ですが、鳥猟犬や盲導犬にはラッシーのような主体性が必要です。

しつけの本
人間と二人三脚で猟をする鳥猟犬にとって一番重要なことはハンドラーとの信頼と愛情です。
鳥猟犬でなくても同じですよね。
でもマニュアル本のテーマは犬よりも上位に立つことで、そのためのテクニックばかりです。
服従や恐怖を与える方法は即効力があるのでテレビ番組で紹介されやすいのですが、
栗栖さんも私も疑問を感じるものが多いです。
小石を入れた空き缶を投げて、その音に驚いた犬が無駄吠えをやめる「天罰」というのがあります。
実は私も良く天罰をやっていました。
パン粉が音に過敏なのは「天罰」が原因ということもあり得るかもしれません。

トレーニング中
服従、威圧、恐怖をベースにした訓練は指示に素直に従うだけのことで、心で繋がっているティミーとラッシーの関係は望めないでしょう。
「NOばかり言っていましたが、それを止めたらソウがとても愛おしく感じて毎日が楽しくなりました」とSさんは嬉しそうに話してくれました。
栗栖さんは犬と信頼関係を築く方法を教えてくれますが、それを実践して信頼と愛情を育むのは毎日の生活なんですよね(^^♪

まだ子犬
犬が指示ではなく自主的に行動する第一歩がこの空き地の訓練です。
チェックコードは使いませんが「呼戻しの訓練」と基本的に同じですね。

呼戻し
犬が何かに気を取られている時にすかさずその場を立ち去ります。
犬が走り出した時はその逆方向に歩きます。(呼び戻しの訓練1回目のビデオが参考になります)
犬はハンドラーが居ないことに気付くと慌てて駆け寄って来ますが、もし犬が来ないくても絶対に呼んではいけません!
呼ぶのは犬がハンドラーに向かって走って来るときだけです。

きごちない
そして犬が来たら、喜こんでいることがハッキリ伝わるよにベタベタに褒めてあげましょ~♪

ハンドラーとトレーナー
栗栖さんを紹介したのはモネママだそうです。
Sさんの話では、数年前に初めて会ったときのモネママは「モネ~」と叫びながらモネの後ろを必死で追いかけている姿(笑)
でも今年再開したときのモネママは自信に満ち溢れていてまるで別人!
「犬よりもモネママの変化に感動しましたね~」

その気持ち分かります~~~
昔のモネママ
2013.5月 オフ会の会場
モネ~モネ~と連呼してました
見学中にケガ
2014.4月 全英千葉の会場
見学に来ていて転んで大怪我!
優勝!
2015.4月 全英千葉の会場
神奈川大会の3位に続いて優勝
本当に同一人物とは思えませんね(^▽^;)

セターとブリタニースパニエル
ブリタニーもセターも古くから人間の傍らで生きてきた犬種ですから名犬ラッシーの素質充分!
せっかく鳥猟犬と暮らすなら、たまには犬に寄り添ってキジ当てに行ってみませんか~(^-^)

トレーナーに甘えるブリタニースパニエル
暴走しそうで不安な方は栗栖さんに相談を!ただし夏はお休みです~




犬を撮影しながら歩くる場合もありますが日常的なものではありません。
30日 2017 犬(ブリタニー・スパニエル)の話
コメントはここから コメント件数 6

キジの行く手に先回り!?




【音声ありが〇】やっと忍法先回りのシーンを撮ることが出来ました!
ヤマドリ名人のYさんにパン粉が先回りをすることを指摘されるまでは、それが技(?)だとは知らなかったので「変なことするな~」と思っていました。
草に隠れたり、先回りしたり・・・頭使ってるんですね~(^・^)


【風がうるさいので音声は×】
この場合は風下に移動してから風上に向かって捜索しただけの事だと思いますが、
もしパン粉がキジの所在と逃げる方向を分かった上で風下に移動したとするならば、それは「先回り」と言えますよね。
先回りの判定は意外と難しい。。。




犬を撮影しながら歩くる場合もありますが日常的なものではありません。
24日 2017 犬(ブリタニー・スパニエル)の話
コメントはここから コメント件数 0

大きなヤマドリがいた~!

ヤマドリ
昨日淡竹を探しにウロウロしてたらヤマドリ発見!

ヤマドリの雄
野犬がいる、と思ったらヤマドリでした。

yamadori3.jpg
それほど大きくて立派な雄でした!今まで見た中で一番大きいかも。

yamadori1.jpg
メスは早々と森に逃げ込んでしまいました。


もうちょっとのところで飛ばれてしまって残念!【音声あり】



犬を撮影しながら歩くる場合もありますが日常的なものではありません。
20日 2017 犬(ブリタニー・スパニエル)の話
コメントはここから コメント件数 2

釣りも山菜も犬も坊主in安曇野

アクアライン
初めての安曇野に向かって気分も天気も爽快♪ だったのに・・・

安曇野
現地に着いた頃には美しい山並みは雲に覆われて・・・

川
夜半から降り始めた雨で翌朝はこれ。

azumino3.jpg
azumino4.jpg
釣りを諦め竿じゃなく傘を持ってコシアブラを探したもののそれもトホホで結局一日迷走して終了。
夜は居酒屋りあんでウサ晴らしです~

トライアル
3日目は有志の方が主催するFTに参加させていただきました。
鳩訓練をしてくれたTさんにお礼が言いたかったし、ポイントもスタンチも出来るようになったパン粉を見てもらいたかったのに2回ともスタンチできずに咥えてしまい惨敗!
よりによってTさんが審査員だもんな~恥(T_T)

忍法草隠れはスフィンクスのように腹ばいになってポイント、スタンチするパン粉の得意技ですが…
sutanchi1.jpgsutanchi2.jpgsutanchi3.jpg
こういうポイントスタイルはポイントしてるように見えないのかもしれません。
だいいち実猟だと小さくて尻尾がないブリタニーが伏せてしまうと困りますよね~(^。^;)ゞ

ポインター
レザーブになったルアンは、パン粉と同じく小柄だし尾も短いのに動きはシャープでワイルド!
スタンチも完璧で今回はゲームを咥えませんでした♪ 素晴らしい

りあん
見通しが良い直線コースだとカッ飛びがちのりあんですが、前半の広葉樹林のコースはりあんにマッチしているように感じました。草深い森の中をしっかりサーチしていましたね~


そして2回のポイント!きっと鳩を使った自主練の成果だと思うんですが。       【音声あり】

azumino8.jpg
昼食のバーベキューをご馳走になったあと午後から若犬部門でした。

azumino10.jpg
出犬ボードけん成績発表ボードo(*^▽^*)o  いいですね~これ。
手作りの楽しい競技会でした。東城先生はじめ皆さんありがとうございました。





犬を撮影しながら歩くる場合もありますが日常的なものではありません。
17日 2017 犬(ブリタニー・スパニエル)の話
コメントはここから コメント件数 2

忍法草隠れはセットポイント

Yさんとご友人のAさんが犬の訓練のために草の低いキジ場を探しているというのでご案内しました。

Yさんの犬は
ポインター
千葉県猟友会の若犬部門で優勝したハンナ(1.5才)

ポインター
全英神奈川の若犬部門で優勝したキング(1.2才) 
でもYさんはブリタニーを相棒にしたこともあり、お兄さんお姉さんは今もブリタニーだそうです♪

yama1.jpg
2013年にお二人とルネ家のヤマドリ猟に同行させて頂いたことがありますが、
Yさんは銃を片手に犬にまたがって生まれて来た☆\(*^▽^*)というほど銃と犬のベテランで、
栗栖さんが一目置く銃の名手です。
そしてAさんは今は隣町の在住で、なんと我が町の出身!ですからご存知の場所も多かったはずですが、秘密の園もご案内できたので喜んで頂けたようです。

ポイントしているブリタニースパニエル
最近パン粉がポイント、スタンチするようになり、その様子を見てある発見をしました!
鼻の位置の高さとキジまでの距離が比例するんです。
鼻が高いと5m以上先、中程度の場合は3~5m、低いときは3m以内にいる。
それを栗栖さんに話したら「そういうもんだよ」とあっさり(^。^;) 世紀の大発見だと思ったのにな~


(後半音声入)
ポイント、スタンチにもパターンがあってのように超低い姿勢でほふく前進することがあります。
可笑しいので忍法草隠れと呼んでましたが、Yさんの話では伏せるような姿勢のポイント(参考ページhttp://coolmint66.exblog.jp/17028961/)を「セット」と言うそうです。
忍法草隠れはセットのようなものかもしれませんね。

セットするからセッター
ポイントするからポインター
ブリブリするからブリタニー (●^o^●)なんのこっちゃ~

高い確率でスタンチしているようにないました。
ポイントのバリエーションが色々あって見ていて面白いです。
不思議ですがキジはもちろん猫でさえ猛追しなくなりました。

引き金はTさんの鳩に違いありません。
でも、たった2回放鳥器で鳩を飛ばしただけで、こんなに極端に変化するものなんでしょうか!?
目が覚めたらいつものパン粉に戻ってたりして~(o_ _)ノ彡☆ギャノヽノヽノヽノヽ







犬を撮影しながら歩くる場合もありますが日常的なものではありません。
04日 2017 犬(ブリタニー・スパニエル)の話
コメントはここから コメント件数 2

コナンの栗栖訓練とルネ合流

ブリタニースパニエル コナン
今回の主役は6月にめでたく2才を迎える、でもまだまだお子ちゃまボーイのコナン

栗栖トレーニング
栗栖さんの呼戻し訓練後は地道に自主練を重ねた結果、呼戻しはバッチリのコナン君です。
ただ最近は初めてキジ当てしたときのような積極的な捜索が見られなくなって、そこで再度栗栖さんにハンドリングについて相談することに。

トレーニング
当たり前ですが人間と同じく犬も1頭1頭性格が違います。大胆な子もいれば慎重な子もいるし、
おっとりタイプだったりイケイケだったり・・・
コナン君とパン粉は素直なところと猟欲が強い方ではない点は似ているような気がします。

猟欲の塊
でもパン粉は田舎育ち。環境の違いは大きいですネ~ 今は走る猟欲です。

山菜
そして飼い主は採取欲の塊~♪

クレソン
こんな巨大クレソンに、セリ、三つ葉、ノビル、フキ、ワラビ

konan28-3.jpgkonan28-4.jpg
崖を駆け上るパン粉を見上げていたコナン君でしたが、ついに真似をして登りました!
コナン君がパン粉を真似て色んな事を学んでくれるといいですね~

konan28-9.jpg
翌日はルネ君も一緒に採取&キジ当てしました♪ 

konan28-10.jpg
ルネ君と出会ったからレアちゃんと出会い、レアちゃんと出会ったから栗栖さんと出会い、
ルネ君はパン粉にとってラッキーボーイです。

konan28-7.jpg
キジ夫妻は外出中でルネ君が訪問した時はコジュケイだけが菜の花畑で留守番してました。

konan28-12.jpg
コナン君は水遊びが大好きです!何故かレバーのブリタニーは水好きが多いですネ~
明らかに茶色の毛が白い毛と質が違うんですが・・・水好きと関係あるのかは不明です。

konan28-8.jpg
パン粉は水が苦手ですが、水があっても無くても農繁期の田んぼに入らないので便利ですよ~


コナン君にキジが見えないように誘導します。

konan28-13.jpg
パン粉がこのくらいの草丈の所でビシッとポイントしたときのことです。
スタンチ姿勢のままスーッと草の中に沈むように見えなくなってしまいました…???
少しして今度は歌舞伎のせり上がりのように頭からスーッと姿が見えて(笑)、一緒に見ていたルネママと爆笑してしまいました。
号令したら鼻先3mから雄キジが出ましたが、あれは忍法草隠れの術かな~?(^◇^)

CIMG5654.jpg 2013年6月
初めてキジ当てを見た日です。パン粉が2才になる直前でした。
あれから3年10ヶ月、やっとまともにポイント、スタンチ出来るようになりました。長かった~
だからコナン君もこれからこれからですネ♪




犬を撮影しながら歩くる場合もありますが日常的なものではありません。
30日 2017 犬(ブリタニー・スパニエル)の話
コメントはここから コメント件数 4

3犬&3美女ヾ(^^ ) +美男2ヘ(*゚∇゚)ノ

3犬というのは。。。
セターのりあんとモネ
セターのモネ(上)&りあん(下)

ブリタニーのパン粉
と、パン粉。セターより小柄なブリタニーですがキジ大好き度は負けてないぞ~(*^。^*)

421-1.jpg
りあんのパートナー美女A

421-12.jpg
モネのパートナー美女B

421-14.jpg421-4.jpg
あんなトコこんなトコを巡って、キジに会ったりダニーに会って(;^◇^;)ゝ

421-6.jpg421-7.jpg
ホテルに戻るとワンズはご満悦顔で早々にzzzzzzz でも3美女は深夜まで元気いっぱい~♪

ポインター
翌日はゾーイと

421-13a.jpg
ゾーイのパートナー美男Cが加わって

421-10.jpg
こんな風やあんな風に
421-11.jpg
色んなパン粉フィールドで楽しみました(^・^)

421-9.jpg
なんとまぁ~ピースとパートナーの美男Dとも遭遇! 
この日唯一の男子犬ピース。なんだかとっても嬉しそうにキジ当てしてましたね~♪

421-15.jpg
パン粉が1才のときにブリタニーの大きな集まりがあり、その中に飼い主の指示でしか動かない1頭がいました。
当時は、素晴らしい犬だな~!よく訓練されているな~!とかなり羨ましく思ったんです。
でも人と一緒にキジを探しているこの子たちの方が幸せそうに見えますね。



犬を撮影しながら歩くる場合もありますが日常的なものではありません。
25日 2017 犬(ブリタニー・スパニエル)の話
コメントはここから コメント件数 0

パン粉大変身!スタンチしたぞ~

全英神奈川大会の翌々日に、いつものように買い物ついのキジ当てをしたら・・・

鼻の使い方がいつもと違っていました。
今までのようにキジに向かって突進するのではなく、かなり手前でいったん仮のポイントがあって
そこから慎重な動きで近づいて行って最後のポイントになります。


翌日、元のパン粉に戻ちゃうかな~?と不安でしたが、なんとなんと素晴らしい仕事ブリ!
グランドワークもいいし、ピタッと止まってスタンチもしていました。
今までの3秒ポイントから大変身したと思います。

416kana-pan6.jpg
パン粉の突然変異のきっかけは多分Tさんのプチ訓練のおかげです。
416kana-pan7.jpg競技会のランチタイムに Tさんが放鳥器と伝書鳩を使って訓練を2度やってくれました。
リードのまま誘導して着臭した瞬間に鳩を飛ばす!それだけの事なんですが・・・
手に隠し持った鳩でも同じことをやってくれました。
重要なのは目視させてはダメ。飛び去る鳥であること。
何度も栗栖さんからも聞いていた方法ですが、実際にやってもらっても半信半疑で(^^ゞ
Tさんもパン粉のように癖が付いている犬は繰り替えす必要があるかも、と言っていたし
パン粉もボーッとして鈍い反応でした。

しかし、しかし!です。
最近スタンチしているシーンはチラホラ見るようにはなっていましたが、今回の変わりようはこのプチ訓練の成果としか思えません。
たった2回なんですけどね~ 訓練とは恐るべし!
Tさんにありがとう~~\(~o~)/


犬を撮影しながら歩くる場合もありますが日常的なものではありません。
20日 2017 犬(ブリタニー・スパニエル)の話
コメントはここから コメント件数 2
 HOME 

管理人:鉄腕たろう(パン粉母)

鉄腕たろう

千葉県在住。ブリタニースパニエル(フランスブルトン)の
パン粉(2011年7月生♀)と岩魚が大好きです♪

姉妹サイト

「岩魚のめ」 渓流釣りのサイト
■「寄り道」6/17更新newマーク そろそろ真竹も終了
「つばめの子ソラ」つばめのヒナの放鳥記
ログイン

最新記事の全一覧

ブログ内検索

リンク

おススメサイト
ドッグトレーニング
「ドギーカルチャー」栗栖トレーナー 
ドッグプラス
■犬種情報/ブリタニースパニエル
ブリーディングが引き起こす遺伝病
「犬たちの悲鳴」
「続・犬たちの悲鳴 告発から3年」
ブリタニースパニエル オフ会2013
■全国ブリタニースパニエルオフ会
「アダチセキヤ犬舎」
「ブリタニースパニエルCookie&Laimuのドタバタ」

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス