2017 04 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>
◆◆◆

二度目の眼震で入院(11/13) 現在リハビリ中

11月13日早朝、トンボの荒い息で目が覚めた。
トイレだと思い窓を開けてやると、フラフラして様子が変!?

  立てないトンボ  まっすぐ歩けません
よろけて倒れてしまうし、一人で立ち上がることさえできません。右側に体が傾いて、まるで酔っぱらいの千鳥足みたいです。

数年前と同じ症状で、人が目が回った時と同じで、眼球がピコピコ動く「眼震」になっている。
仕事を早退してかかりつけの西広動物に連れて行くと、やはり入院となった。

点滴を打つときに先生から聞いた話だが、犬の前足には血管が1本しかなく、
何度か点滴を経験している犬の場合、太い血管が枝分れして毛細血管のように細くなってしまうそうだ。
当然トンボその状態で、先生は針を刺す血管を見つけるのにのに苦心していた。

前回は1泊に入院ですんだし、元気に退院できたのだが、
1992年春生まれのトンボは、人間なら80才を越えている老犬。
以前のように簡単に治りはせず、何も食べようとしないこともあり2泊で退院してきた。
眼震はほぼ治まっているものの、立てない歩けない…(T_T)

退院後
拡大します

治るかな…
拡大します 

硬いものは大好きなお肉でも食べようとせず、この日はシーチキンとパンをわずかに口にしただけ。
かろうじて水を飲みたい時だけは自力で立ち上がりますが、支えてやらないと転んでしまいます。

特に左側の眼球が斜視のように変な方向になっていて、まだまだ回復には時間がかかりそうです。
ただただ寝てばかりいるトンボ。何度も危機を乗り越えてきた強い犬なんだから、今回もガンバレ!

■眼震について
眼震の原因は、脳腫瘍などの脳神経に関わるものと、トンボのように耳の炎症が原因の場合があるようです。
症状は嘔吐・歩行困難・眼球の痙攣。

続きは後日
関連記事

犬を撮影しながら歩くる場合もありますが日常的なものではありません。
24日 2008 老犬トンボの闘病記
コメントはここから コメント件数 0

◆コメント欄

コメント投稿フォーム

  • タイトル
  • メール(任意)
  • URL(任意)
  • コメント
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://iwananome.blog68.fc2.com/tb.php/127-8f15ff16

管理人:鉄腕たろう(パン粉母)

鉄腕たろう

千葉県在住。ブリタニースパニエル(フランスブルトン)の
パン粉(2011年7月生♀)と岩魚が大好きです♪

姉妹サイト

「岩魚のめ」 渓流釣りのサイト
■「寄り道」6/17更新newマーク そろそろ真竹も終了
「つばめの子ソラ」つばめのヒナの放鳥記
ログイン

最新記事の全一覧

ブログ内検索

リンク

お世話になっているサイトです

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス