2017 06 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>
◆◆◆

眼震から復活!でも・・・・

 眼震の治療で2日間入院し、退院したあともしばらくの間は人間が補助してやらないと、

立ち上がることも歩くことも困難でした。

きのう最後の薬をもらってトンボの治療は終了して、ただれて臭かった耳もすっかりキレイになり、

排泄も一人でできるまで回復。

去年の11月に椎間板ヘルニアで大手術をし、今年は2度目の眼震と耳のタダレ…

大病を患っても生還してきたたくましい犬ですが、来年は17歳です。

患うたびに急速に体力が落ちていくのが手に取るように分かります。実は老化との戦いなんでしょうねぇ。
 
歩くのもやっとの犬

これはだいぶ良くなってきた時の映像ですが、それでもゆるやかなスロープでさえ昇り降りできません。

体が右にねじれ、頭をシッカリ持ち上げることもできないみたいです。
回る犬
眼震は治っているんですが、耳の炎症が三半規管を狂わせているようで、右にグルグル回ってしまいます。

首もコントロールできないため、ちゃんとエサを食べることもできませんでした。

数年前から、まるで人間の幼児のように、トイレでもお風呂でも私のあとを追っていたのですが、

体が思うようにならないためか、寝てばかりで動こうとしなくなりました。

もう後追いすらできなくなっったのか…(-_-)


しかし先生に「寝たきりにすると、足腰がますます衰えるから、できるだけ歩かせるように」

と言われていたので、無理をさせない程度に散歩させたり、リハビリ運動をしたり。

するとトンボは超スローペースで、でも確実に1日1日力をつけていきました。
眠る犬 
今こうして寝ていますが、足がこんな風に曲がらず、真っ直ぐ伸びたままや、ペチャンコに開いていました。 

幸い内臓が非常に健康な犬で、消化不良もなく食欲もあり…いや、ありすぎるので体重が増えないように

食事のコントロールに気を使います。 (^^)

元気になった犬
今朝の様子です。自力でトイレの行き帰りができるように!(^^)

でも昔のように飛んだりはねたりはできないし、今回倒れたから全く吠えなくなってしまいました。

車の音だけで私の帰宅に気付いて、庭に出迎えに来てくれていたんですけどね~

関連記事

犬を撮影しながら歩くる場合もありますが日常的なものではありません。
21日 2008 老犬トンボの闘病記
コメントはここから コメント件数 0

◆コメント欄

コメント投稿フォーム

  • タイトル
  • メール(任意)
  • URL(任意)
  • コメント
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://iwananome.blog68.fc2.com/tb.php/128-a2ca7f39

管理人:鉄腕たろう(パン粉母)

鉄腕たろう

千葉県在住。ブリタニースパニエル(フランスブルトン)の
パン粉(2011年7月生♀)と岩魚が大好きです♪

姉妹サイト

「岩魚のめ」 渓流釣りのサイト
■「寄り道」6/17更新newマーク そろそろ真竹も終了
「つばめの子ソラ」つばめのヒナの放鳥記
ログイン

最新記事の全一覧

ブログ内検索

リンク

おススメサイト
ドッグトレーニング
「ドギーカルチャー」栗栖トレーナー 
ドッグプラス
■犬種情報/ブリタニースパニエル
ブリーディングが引き起こす遺伝病
「犬たちの悲鳴」
「続・犬たちの悲鳴 告発から3年」
ブリタニースパニエル オフ会2013
■全国ブリタニースパニエルオフ会
「アダチセキヤ犬舎」
「ブリタニースパニエルCookie&Laimuのドタバタ」

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス