2017 04 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>
◆◆◆

年老いた犬の哀れ

とうとう我が家の老犬「トンボ」も17歳になりました。

7歳でシニアの域に入る犬ですから、17歳はご長寿様ですね。

チビと言う名前の犬を、電車事故という不幸な亡くし方をしたから、

トンボには彼女のぶんまで長生きして欲しくて、食事には特に気を配り、10歳頃からドッグフードに煮

込み野菜を加えて与えてきました。

その餌が良かったのか?本人のDNAか? 

理由は分かりませんが、幾度かの病気にも打ち勝って、トンボは頑張って生きています。


しかし今のトンボは、若かった時のような喜んだり、悲しんだり、怒ったりという感情表現が希薄で、

ただただ食欲のみ。

異常とも思えるほど食べることに執着が強く、以前は絶対にしなかったことをしでかします。

テーブルの上のものを食べたり、ゴミをあさったり…食べても食べても際限なく欲しがるのです。

もちろん欲しがるからといって簡単に与えはしませんが、白内障で相当見えないはずの目が

ひたすら食べ物だけに集中していたり、まともに歩くことさえできず、ひっくり返ったり股割れしながらも

喰らい付こうとしている姿を見ると、悲しいと言うか…哀れと言うか…

これが生きる、そして死ぬということなんでしょうね。

トンボを見ていると、私も彼女みたいに精一杯生きなきゃいけないんだな~と感じます。

生きるというのは、決してカッコ良いことだけじゃないんだ。
関連記事

犬を撮影しながら歩くる場合もありますが日常的なものではありません。
26日 2009 老犬トンボの闘病記
コメントはここから コメント件数 0

◆コメント欄

コメント投稿フォーム

  • タイトル
  • メール(任意)
  • URL(任意)
  • コメント
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://iwananome.blog68.fc2.com/tb.php/130-cda4e52b

管理人:鉄腕たろう(パン粉母)

鉄腕たろう

千葉県在住。ブリタニースパニエル(フランスブルトン)の
パン粉(2011年7月生♀)と岩魚が大好きです♪

姉妹サイト

「岩魚のめ」 渓流釣りのサイト
■「寄り道」6/17更新newマーク そろそろ真竹も終了
「つばめの子ソラ」つばめのヒナの放鳥記
ログイン

最新記事の全一覧

ブログ内検索

リンク

おススメサイト
ドッグトレーニング
「ドギーカルチャー」栗栖トレーナー 
ドッグプラス
■犬種情報/ブリタニースパニエル
ブリーディングが引き起こす遺伝病
「犬たちの悲鳴」
「続・犬たちの悲鳴 告発から3年」
ブリタニースパニエル オフ会2013
■全国ブリタニースパニエルオフ会
「アダチセキヤ犬舎」
「ブリタニースパニエルCookie&Laimuのドタバタ」

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス