2017 06 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>
◆◆◆

貴重な体験をさせてもらったヤマドリ猟

猟の腕は一流!とKトレーナーが認めるYさん、Aさんのヤマドリ猟に同行させていただきました。
雉 この日の朝撃ったキジはchefにプレゼント。
 お二人の本命はヤマドリなんです。
千葉県はキジは多い地域ですがヤマドリは少ないそうです。
Yさんに「ヤマドリもキジのように居つき場所があるんですか?」と聞いてみました。
ヤマドリの雄もキジ同様にテリトリーを作り、雄の数が多いと1羽の占有面積は狭くなり、
つまり居つく場所も狭くなるのですが、数が減ると逆に1羽が占めるテリトリーは広がるため、
移動範囲が広くなって居つく場所が分かり難くなっているという事でした。
今回行った谷間にも以前は5~6羽のオスが居ついていたそうです。
DSC_1499.jpg 
DSC_1497.jpg
ゆりちゃん(Aさんのポインター)の発信音がポイント音に変わった直後に鳥が羽ばたく音が!
羽音はヤマドリでした! でもルネママ、相方、私の3人は音を聞いただけ~(^。^)残念
いきなりヤマドリがでたので幸先がいいな~と思ったのに、その後はひたすら藪コギ行軍。
渓流釣りやキノコ採りで藪コギには慣れてる方ですが、喘息の発作が始まり途中でリタイヤ。
しばらくして谷の奥で銃声が響き、後で聞いたところコジュケイを狙ったchefの銃声でした。
往復60分~のコースだったので早朝からハードだったルネ君は連れて行かなくて正解でした。 
DSC_1509.jpg
大活躍のゆりちゃんはこんなに足が長くて美形なポインター嬢です。
でも猟を離れるととても内気性格で人が近づくだけで尾を丸めてガタガタ震えていました。
 
DSC_1496.jpg 
DSC_1511.jpg
次の猟場はかつて経験したことがない猛烈に荒れた藪で、葛のツタや泥々の湿地に足をとられ、
イバラのトゲに引っかかれ、2mをこす萱の群生地は完全な迷路状態!
結局ヤマドリの姿はなく撤収となりましたが、そんな中でエノキ茸を採るルネママは只者じゃないネ。 
DSC_1516.jpg
Yさんの足元でちゃっかり名犬ポーズのパン粉。
実は険しい藪は「痛いからいや~ん」てな感じで、ただ走って跳ねて動き回っているだけ。
先を行く三君(KトレーナーのE・ポインター)と比べたらまるでお子ちゃまでした。
こんなブッシュでは大型犬のポインターやセターのパワーにブリタニーはかなわないかなぁ… 
この撮影直後にムゥ君(Yさんのセター)がメスキジを2羽出して勝負はここで終了しました。
 
DSC_1519.jpg
そしてムゥ君は両目の下に何かが突き刺さったような大きな傷が!
DSC_1520.jpg
Yさんは目をめくるように(?)開けてゴミが入っていないかを入念にチェック
DSC_1522.jpg
傷にはワセリンを塗って応急処置をしていました。 

Kトレーナーに「クレートの中が血だらけになる事もある」など聞いてはいたものの、
実際に血だらけの犬の姿は衝撃的で…こんなに人間に尽くす動物は犬しかいないよ~(涙)

さっそく包帯、ガーゼ、カットバン、ワセリン、傷薬、消毒液、化膿止めを入れた救急袋を作りました。
やっぱりいつものぬるーい場所でキジ当てしてるのが私とパン粉にはピッタリかな~(^。^)v 


関連記事

犬を撮影しながら歩くる場合もありますが日常的なものではありません。
18日 2013 犬(ブリタニー・スパニエル)の話
コメントはここから コメント件数 8

◆コメント欄

>>>
山鳥撃ちは、体力がいりますね、生息数が減った今は、どれだけ谷を回れるかになって来たとかって聞きますね。
最近、家の地方では山も荒れ、木を切り倒せば、茨それも河原に生える茨よりトゲも幹も太くて強烈(猿飛茨)が山をおおい、獣が増え山鳥に会う回数は専門でやってる方で年に1~2羽幻の鳥になってきたようです。
それだけに、出合った時は感動ものなのでしょうね
犬にも当然過酷な場所を攻めさせることになるので
平和主義者は、田畑で雉探しの方が、楽しめますね
人も無理せずに済みますしね

2013.12.18 08:09
源流釣りよりも厳しいかも! >>>
pinoさん:
道なき道の雑草ジャングルは体力がある男性と強靭な猟犬のハンティングでした。
買い物ついでに田畑でキジあてができるって素晴らしいことだったんですねぇ!
今更ですが痛感しました。
2013.12.18 11:18
>>>
うちも血だらけで帰ってきたことがあります。
耳の先端が切れていて、ブルブルっとするもんだから、
中々血が止まらず、難儀しました。
あとから聞いた話では、包帯だと自分で解くので、
血止めにナプキン、包帯代りにパンストを被せれば良いようです。
いまさらながら、パン粉家の過去記事をみていたら、血統書にガオドサンチュガンの名がありましたね。
カールの曾祖父もガオドサンチュガンです。(^ω^)
2013.12.18 21:06
カール君と親戚でしたか(^◇^) >>>
坪ちゃん:
カール君は野生児ブルトンですからね~
なるほどいいアイディアですね~ 頭や耳のケガにパンストは使えますよ!
ケガもある程度は覚悟していまそたが、応急処置の準備をしてなかったことを大反省しました。
猟をしてなくてもやってる事は猟犬と同じですもんね。反省反省
2013.12.18 22:23
>>>
内容見て 改めて ポインター、セッターのダイナミックな猟というのを拝見できました。K氏の言う 犬種についての云々 フムフム納得。
イギリスの地形やフランスの地形違うでしょうし、日本とも違うのでしょうね。。だから日本で育つ猟犬も日本の場所に合った進化を遂げていくのかな。。パン粉ママさん又救急グッズも加わり安全確保ですね。備えあればなんとかですから。
パン粉ちゃんのなんとかついていく姿可愛いすぎるぞ!!
2013.12.18 22:25
可愛さはパン粉が一番ヾ(^o^;) オイオイ >>>
クッキーママさん:
パン粉が立ち往生するような藪でも大型犬はバリバリとなぎ倒して行きますから。
三君と並ぶとパン粉は白い犬の縫いぐるみでしたよ。
藪の中を小さな白い縫いぐるみが一生懸命走り回って…可愛かったな~(^^ゞ
2013.12.18 23:17
難易度最高レベル??? >>>
ものすごい薮でしたね・・・とにかく迷子にならないように必死でした・・・汗
Yさんの横で名犬パン粉ちゃん(笑)いい位置キープしてて可笑しい~
パン粉ちゃんも後半戦、サンくんの後を必死に追って、結構ボサにぐんぐん入ってましたね!
ヤマドリを出す日も近いかも?????

ただひたすらの薮こぎ・・・ヤマドリのつき場のお話、なるほど!でした。
また次回、ルネも連れて、トライしたいと思います~!!!
2013.12.19 15:31
オバさんとアイドル犬にはレベル10 >>>
るねママさん:
いや~すごかったですね~ 特に2ヶ所目はブッシュの中でもがいていただけでした。 
あれで簡単な方だというのだから…やっぱりあの2人はTheハンターです。
今度はルネ君と再チャレンジしちゃいますか~(^・^)
2013.12.19 17:37

コメント投稿フォーム

  • タイトル
  • メール(任意)
  • URL(任意)
  • コメント
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://iwananome.blog68.fc2.com/tb.php/436-c15995ac

管理人:鉄腕たろう(パン粉母)

鉄腕たろう

千葉県在住。ブリタニースパニエル(フランスブルトン)の
パン粉(2011年7月生♀)と岩魚が大好きです♪

姉妹サイト

「岩魚のめ」 渓流釣りのサイト
■「寄り道」6/17更新newマーク そろそろ真竹も終了
「つばめの子ソラ」つばめのヒナの放鳥記
ログイン

最新記事の全一覧

ブログ内検索

リンク

おススメサイト
ドッグトレーニング
「ドギーカルチャー」栗栖トレーナー 
ドッグプラス
■犬種情報/ブリタニースパニエル
ブリーディングが引き起こす遺伝病
「犬たちの悲鳴」
「続・犬たちの悲鳴 告発から3年」
ブリタニースパニエル オフ会2013
■全国ブリタニースパニエルオフ会
「アダチセキヤ犬舎」
「ブリタニースパニエルCookie&Laimuのドタバタ」

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス