2017 10 << 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>
◆◆◆ ◆◆◆

ガンシャイ(ガンナーバス)のリハビリ開始

パン粉はガンシャイ(銃癖)というほど深刻ではなく、栗栖さん曰く「ガンナーバス」
しかしこの先重症化する可能性もあるし、ルネ君の猟に着いて行けなくなるのは悲しいし。 
じゃぁ、どうやったら治せるのか!?
ということで、トレーナーの栗栖さんにリハビリ方法を教えてもらいました。
使用するのはこれ。
玩具のピストルと火薬 もちろん玩具のピストルと火薬です 

リハビリ① まずはキジ当てをしてパン粉をウキウキした気分にします。
キジが見つからなくても猟欲が上がって積極的で明るい気持ちになればいいのです。

リハビリ② 車を停め窓も閉めて私とパン粉は車内に残り、栗栖さんは車から50m~後方から
一定間隔でピストルを撃ちながらゆっくりに車の横を通り過ぎます。
ピストル 
その間私はパン粉が不安にならないようにトリーツを与えたり話しかけて様子を観察します。   
パン粉は銃声が近いと聞耳を立てていましたが、震えたり怯える様子はありませんでした。
なんとか第1関門は突破です!
 ※この段階で過敏に反応し怖がったらリハビリ③を実施してはいけません。
リハビリ中

リハビリ③
 パン粉がキジを出したときにピストルを撃ちます(最初は100m~離れた所で撃つ)
銃声に怯えた場合は慌てて逃げて来て「抱っこ~」と何度も飛びついてきましたが、
このときは無表情で戻って来てそのまま次の獲物を探しに行ってしまいました。
ゆえに第2関門も突派ですね(^^)v  
足がない!
足がない~!?(#^.^#)

◆自主トレ1日目
娘が同乗していたのでキジ当てだけに留めました。どことなく動きが悪くキジにも出会えず(ーー゛)
◆自主トレ2日目
楽しそうに捜査してキジも2羽出ましたが、距離が伸びず走りも快走とは言えずリハビリは中止。
本調子なら広範囲をビューンと走ってババババッと動くのがパン粉なんですが…
CIMG8749.jpg 日陰は冷たいのです~
CIMG8752.jpg
 午後でも氷が溶けずパン粉が乗るとバリバリ
 音がします。泥々にならないからいいなぁ。

←手前の長いツララはなんと50cm
◆自主トレ3日目

リハビリ① 楽しく遊ぼうね~♪ ちょっとウサギみたいですね。

動きがキビキビして走りも良いし前日よりも離れるようになりました!

そこで相方がピストルを担当してリハビリ②を実施。
パン粉は栗栖さんのときと同じように銃声が近づくと「何の音?」と顔を上げ聞耳を立てていましたが
ビビッたり怖がるような反応はなく、外に出すと普通にキジ探しに夢中になりました。

いよいよリハビリ③の実践です。
ほどなくしてキジが飛び出して、相方がタイミング良くピストルを撃って、パン粉は聞こえないフリ?でキジを追って走り、心配していたような事は何も起こりませんでした。まずまずです(^・^)-☆

これはキジが居なかったのでタシギでリハビリしてるシーン(笑)
多少気にしているのか、何の影響もなかったのか…? でも驚いたり怯えはいませんね。

もう大丈夫なようにも見えますが油断大敵です。
犬だって心の問題は繊細ですからねぇ、慎重に当たらないと何が起こるか分かりません。
と言っている自分が大ボケをこいてしまった!
パン粉との間隔が10mもない至近距離でキジが飛び出し、反射的に撃ってしまったんです(゚◇゚;)
パン粉は少しキジを追っただけで直ぐにUターンして私に飛びつき(?)ました。
でも正確には両前足でトンと私を押しただけで、甘える様子もなく反転して現場復帰しました。
もしかすると、「うるさいヨ」というパン粉のクレーム??


その後もローカルな田でセンス良く走り回っていました。

昨日は3連休後のせいかキジと出会えず小鳥でやってみましたが、鳥猟犬はキジが何よりの獲物。
タシギや小鳥ではキジほど燃えないので用心した方が良いそうです(^^ゞ

ガンシャイはメンタルな問題ですから、かなりリハビリは難しいようです。
犬の個体差によって今回の栗栖さんのリハビリ方法が上手くいくとは限りません。
パン粉も数回のリハビリで完治したとは思っていません。でももう少し続ければ必ず成功します。
だからこの先もキジ当てのときはピストルを使うことにしました。
ピストルを持って犬と歩いているオバさんを見かけたら不審人物じゃなく私です。 


関連記事

犬を撮影しながら歩くる場合もありますが日常的なものではありません。
14日 2014 犬(ブリタニー・スパニエル)の話
コメントはここから コメント件数 14

◆コメント欄

>>>
リハビリ内容、興味深く読ませていただきました。
リハビリ、うまくいきますように!
小鳥探しのパン粉ちゃん、可愛いですね!
ピストルを持って歩くパン粉お母さんにバッタリ会ったらビックリするかも~。
2014.01.15 18:29
私もあのシーンが好きです >>>
コルキーママさん:
あれ可愛いですよね~(*^。^*)プリンプリンのお尻がキュートでしょ~
ビデオには写ってませんが、ブッシュの中から小鳥がピョンピョン飛び出してまるでモグラタタキみたいでしたよ。
おもちゃの銃声にはだいぶ慣れてきている気がします。今度からもっと近くで撃とうと思います。
2014.01.15 20:17
現場復帰、待ってますよ~♪ >>>
ガンナーバス治療、少しずつ効果が見られるようですね、まだまだ安心、とまではいかないですけど、絶対治って、また一緒にキジを探しにいきましょうね!!!
それにしても・・・すっかりタシギまで出すようになったなんて。。。とシェフが驚いてます。パン粉家はすっかり1年中忙しくなっちゃいましたね(笑)
2014.01.15 22:50
本とは猟期が暇な時期だったのに… >>>
るねママさん
キジが居ないからタシギでも雀でも何でもいいや~!て事になっちゃう。
だからキジの居る場所に連れて行かなきゃいけないんでしょうね~
ヤマドリやりたいよ~と言われないだけマシですけどね(^^ゞ

2014.01.15 23:17
良かったですね。 >>>
それ程重症じゃなくて、良かったですね。
知っているブリタニーの子は、キジの羽音シャイ(?)だそうで.笑 なかなか色々ありますね。
犬に“探せ!”と言ってピストルを打つ鉄腕さん。。。
やはり、買い物ついでに、変ですね。笑
地域の有名人になりそうですね。
2014.01.16 09:51
>>>
リハビリでもパン粉ちゃんは優等生!
パン粉ちゃんとパン粉母さんとピストル・・雰囲気あるわぁ〜。是非記念撮影してください。見たい!
最初の小鳥探しったらフカフカ草の中でとても楽しそうですね。それに気持ち良さそう。この跳ね方されると(たまにナナもクーもします)、飼い主としてはたまりませんね。ウキウキですもん。
2014.01.16 12:11
キジ恐怖症!? >>>
アップルの飼い主さん:
ひどいガンシャイでキジが怖くなる犬もいるそうですよ。
パン粉はおかげさまでリハビリ順調です(^^)v
キジに夢中だとピストルの音は耳に入らない感じになってきました。
ベリー君が素晴らしい猟犬になっているから、アップルちゃんもキジ当てすごいかも!
2014.01.16 16:40
ピョンピョン走りは可愛い(^^♪ >>>
emu daisy(ナナ母)さん:
雪でもあんな風にピョンピョン走りますよね。
特に後ろから見てると尻尾がないお尻がたまらなくキュートv-10
2014.01.16 17:01
何でもシャイかな(--; >>>
ガンドッグ仕事犬ですから 本当にいろんな問題が出てきてはその解決方法やらもあって さすがくりりん ガンドッグトレーナー! ガンシャイなんて言葉さえ知らなかったです。パン粉ちゃん早めのお手当て大丈夫そうですね。
クッキーはキジあてしたこともないのに 既に重症なガンシャイです。たぶんライムの運動会でピストルの音聞かせた後から音に対して敏感に。。。あと運動会の爆竹シャイ、雷シャイもあるし(--; もうどん底だぁ~(^^;

でも千葉でツララってすごくないですか?
2014.01.16 19:59
ブリタニーだからの気になるのかも >>>
クッキーママさん:
栗栖さんのすごいのは犬のトレーニングと鳥猟の2つができることですよね。
普通のドッグトレーナーではガンナーバスのリハビリ方法は思いつかないだろうし、
普通のハンターなら「治らない」の一言だったと思います。
クッキーちゃんがブリタニーでなければ色んなシャイでも今ほど気にならなかったんじゃないかな~
2014.01.16 21:03
>>>
こんばんはぁ~順調ですね
家の失敗例を少しご紹介
①甲斐犬(幼犬) 他の犬と連れ出し、猟の最中他の犬が出した鳥に発砲 その時足元にいた本犬が、驚き銃を構えるだけで、車に逃げるようになった。
(反省点)その犬が、鳥に集中し出した訳では無い、訓練途中の犬を他の犬と猟場に出した。
経験の少ない犬に、嫌な大きな経験をさせてしまった。
(修正)とにかく獲物に当てた。
自分からどんどん探すまで、音はきかせなかった。その後ある猟期に、単独で引き追った獲物を運よく落とせた。その後、犬が喜ぶようになっていった。他の犬とは一緒に使わない事で犬と人の信頼関係が、密になっていった気がしました。
②ブリタニー(5歳)大物猟の最中 車で休ませている時、仲間のハンターが、すぐ近くで発砲それ以来、本犬が、集中している時、以外は車へ逃げるようになった。遠くで音がしても逃げた。
修正前に、大物猟の最中、交通事故で亡くした。
結果はよくわかりませんが、一頭で使わなかった時に、失敗しました。
何の参考にもなりませんが、こんなでした。
2014.01.17 20:16
慎重にリハビリします >>>
pinoさん:
①も➁トラウマになっても無理ないケースに思えますね。
突然の破裂音やウトウトまどろんでいた時の破裂音は人間だって驚きますから。
周りの人から「修正は無理だよ」と言われたのではないでしょうか?

パン粉は去年の夏まで遠くの花火の音にガタガタ震えて半べそ状態でしたが、今は雷も花火も気にしません。
それでもクシャミや突然の大声は苦手だから、日常の突発音もリハビリに活用したらいいかも…


2014.01.19 18:36
ガンシャイ >>>
ガンシャイって言葉、初めて知りました!

昨日、たまたまアメリカのガンドッグレスキューサイトを見ていましたら、猟犬で捨てられる理由で一番多いのが、このガンシャイだって書いてありました。ということは、やはり矯正が難しいということですね。

でも、師匠のトレーニングで良い方向に向かっているとのこと!このままうまくいくと良いですね。
2014.01.21 09:25
私も知らなかったんです >>>
Bettyさん:
あまり深く考えてなかったんですよね~
何でもそうなんですが、考える前に飛んでしまう性格が災いしました。
銃声に怯えて逃亡して迷子になる=保護犬ということなんでしょうね。
パン粉はそこまで酷くないからリハビリを継続していくるもりです。
2014.01.21 09:40

コメント投稿フォーム

  • タイトル
  • メール(任意)
  • URL(任意)
  • コメント
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://iwananome.blog68.fc2.com/tb.php/442-f98f8519

管理人:鉄腕たろう(パン粉母)

鉄腕たろう

千葉県在住。ブリタニースパニエル(フランスブルトン)の
パン粉(2011年7月生♀)と岩魚が大好きです♪

姉妹サイト

「岩魚のめ」 渓流釣りのサイト
■「寄り道」6/17更新newマーク そろそろ真竹も終了
「つばめの子ソラ」つばめのヒナの放鳥記
ログイン

最新記事の全一覧

ブログ内検索

リンク

おススメサイト
ドッグトレーニング
「ドギーカルチャー」栗栖トレーナー 
ドッグプラス
■犬種情報/ブリタニースパニエル
ブリーディングが引き起こす遺伝病
「犬たちの悲鳴」
「続・犬たちの悲鳴 告発から3年」
ブリタニースパニエル オフ会2013
■全国ブリタニースパニエルオフ会
「アダチセキヤ犬舎」
「ブリタニースパニエルCookie&Laimuのドタバタ」

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス