2017 09 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>
◆◆◆千葉FTCオープントライアル大会10/29開催 参加者募集中 ◆◆◆

全英千葉大会はドラマチック

広大な空き地 多くの人
4/13に千葉県のこんな広い空き地に、人々と犬たちが集まってフィールドトライアル(全日本英系狩猟クラブ千葉支部の猟野競技会)が開催されました。
 
イングリッシュセター イングリッシュポインター 
イングリッシュセター                   イングリッシュポインター

ブリタニースパニエル
紅一点のブリタニースパニエル。
フレンチのパン粉が参加できるのは全英だからで、確か全猟はEnglishだけだったような…?
 
栗栖さんとラン ベル
幼犬の部に登場したランと栗栖さん。
競技は「幼犬」「若犬」「成犬」「オープン」の4部あって、それぞれ2頭一組で行われます。
実はお相手のスズちゃんは6日の神奈川県大会に続いて今回も幼犬の部で優勝でした。
ランちゃんは他の犬や人が恐くて実力が発揮できなかったようですが、兄妹犬のポー君は入賞! 

ギャラリー
2頭一組+審査員3名+ギャラリーの行列
約15~20分で定められたルートを進み、後半の2箇所にゲームが仕込んであります。
ゲームがどの辺りなのか検討がついても、直接「ここだよ」と教えてはダメ。
犬が探しやすいように風向きなどを考えつつ誘導するのがハンドラーの役割り。
なんですがぁ…(^_^;)


吉岡&パットペア
犬がポイントし、ハンドラーの指示でフラッシュさせてレトリーブするというお手本みたいなシーンですが、ハンドラーがしきりに後ろを気にしていますよね?
あとで話を聞いて知ったのですが、
先に他の犬がポイントしていたら(ポイントしているのを見つけたら)後続の犬も最初の犬に準じてポイントしなければいけない。という「バッキング」というルール(?マナー)があるそうです。
だから後ろを気にしていたんですネ~
バッキングをできない犬の場合は、先の犬のポイントが見えない所に誘導すべきなんだそうです。
わっかんね~ 難しすぎ~ (;^◇^;)ゝ

DSC_3612.jpgDSC_3618.jpg
 早くから来ていたアップルちゃん 少しふっくらしたクッキーちゃん
DSC_3617.jpgDSC_3652.jpg
 歌舞伎浮世絵のようなルネ君 右2頭はクッキーの友だちコナ君とヒロ君

モネママさん
到着早々にモネママさんはリードが絡まって転倒し後頭部から出血するケガ( ̄□ ̄;)
そこに救急道具を持って駆けつけて来たのはパット君のハンドラー吉岡さん?!
なんと厚木市にある「吉岡動物病院」の院長先生。診てもらった結果ひとまず応急処置で安心。
たぶん縫うほどのケガではないけど、けっこう出血したので…モネママさん大丈夫ですか~?

ベルパパ ドイツポインター
ベルパパは相変らず一心太助のようなパワー(~o~) 今シーズンは銃を持つようですね。

パン粉登場
午後からのオープン部門でやっと私たちの出番です。お相手はまた吉岡先生とパット君です(?)

デート?じゃないよ
実は吉岡先生からこんな話を聞いていました。
「審査員はハンティングに来たお客様のようなもので、ハンドラーは犬を使って獲物がいる場所にお客様を誘導する案内人だと思えばいいんです」
早すぎると審査員は追いつけないし、審査員がいないところで何をしても意味がない。
そう聞いていたんですけどねぇ…ナビゲーターは性に合わないようです。

うずら
後半追いついてきた吉岡パットペアは直ぐにゲームを見つけるとそのままゴールへ。
パン粉は放鳥係りの男性に駆け寄って「いい臭いの人み~っけ」と嬉しそうに飛びついてます。
ギャラリーの方のお言葉に甘えて「パン粉、ここに居るよ~」とインチキヾ(ーー ) 

ウズラを咥えた犬
優しいパン粉はそ~っと咥えているので養殖鳥は元気です。
でもなかなか放さず手間取っていると、クッキーママが鼻を摘む方法を教えてくれて見事成功!

ホーリー君
いよいよハイライト、ホーリー君の登場です。

保護犬
あっちこっち走り回るものの、ちゃんとママさんの呼び声に応えて走ってます!

セター
疾風のように駆け抜けていくホーリー君の姿は圧巻!

DSC_3681.jpg
見てください、このやり切った表情。

リザーブ
やりました~レザーブを獲得です\(~o~)/
あの日倒れるまで暴走したホーリー君が表彰されるなんて…(T_T)感無量です。
できることが証明されたんだから、あとはママさんがステップアップすれば大丈夫ですね~

表彰式 優勝者 
表彰式もつつがなく終了。成犬の部の優勝はこの22番の方とセターのペアでした。
全英千葉支部のみなさん、素人の私を快く参加させてくださってありがとうございました。
 
レトリーブ 
大会終了後は隠れているゲームを探して大はしゃぎです♪
クッキーちゃんは本気でムシャムシャしていたような…(^^ゞ
「アップルは養殖鳥には感心がないみたい」と言っていたのに、何羽当てたんでしょうねぇ?
パン粉は養殖鳥を見つけてはせっせと私の足元に運んできます。レトリーブOKじゃん。
レトリーブ

フィールドトライアルは私とパン粉に太刀打ちできる競技ではなさそうです。
いつものキジ探しの延長線だと思ったら大違い!
でも楽しむことなら十分にできるし、挑戦することは楽しいです(^・^)
その見本がホーリー君ペアですよね~

「猟のときはポイントさえすれば100満点。でも競技はポイントよりもプロセスで競うんだよ」
「競技だと素晴らしいのに実猟では全然ダメ、逆に実猟だと素晴らしいのに競技では全然ダメ、そんなことはあり得えない」

きっと猟をする方にとって競技から学ぶものは大きいに違いないと思いました。


関連記事

犬を撮影しながら歩くる場合もありますが日常的なものではありません。
14日 2014 犬(ブリタニー・スパニエル)の話
コメントはここから コメント件数 22

◆コメント欄

納得 >>>
猟をさせたいけど出来ないで居ましたが、FTを知って、今回の犬達の技能を見て、何だか、すごく納得出来ました。
同じ目的を持って走らせるのは、犬と飼い主の関係をもっと深めますね。
憧れていたハンターと猟犬の関係を、銃を持たなくても出来る。。もう、わたくし、ゾッコンです。笑
確かに、難しい。。けど、楽しそうです。
ホーリー君の活躍は、嬉しかったな〜。
2014.04.14 21:28
感動♪ >>>
ちんぷんかんぷんで見学に行かせてもらいましたが ポイントしているワン達の姿を間近に見れて 改めてガンドッグってカッコいい~って思いました。セッター&ポインターは本当にダイナミックで迫力満点(ドッグランじゃあお目にかかれませんから)パン粉ちゃん もう何しても可愛い過ぎるのね♪ パン粉ちゃんなら何しても許せちゃうわ(♡0♡)

ホーリー君 暴走しているどころか カッコよく走り抜けてました。そして最後に彼を捕まえた時 本当に本当に心から感動のホルモンでまくりました。

犬と猟に愛がないと成り立たない競技なのですね。これこそが貴族のスポーツです!!
2014.04.14 22:01
アップルの飼い主さん:チームですネ >>>
犬と人間の最も原始的な関係がハンターと猟犬なのかもしれませんね。
私もその距離感というかゆる~い関係性が好きですネ~。
ホーリー君はみんなの希望の星かも!

2014.04.14 22:26
クッキーママさん:お口にウズラ >>>
私たちの中にも狩猟民族の血が多少は流れているはずだから、ワクワクするのは当然なのかもしれませんね。
英国ハンティングの文化というのも少しだけ感じることができたし。
パン粉はお口にハンバーグみたいにお口にウズラをパフッ(^^ゞ
噛めないところがパン粉らしいでしょ~
2014.04.14 22:36
皆さんの応援 >>>
競技会では、ブリタニーのお仲間にいっぱい応援して頂いて、どうにかホーリーもかっ跳びながらも鶉にポイントし、これからも頑張るようにと賞も頂けて感激の一日となりました。
ホーリーの写真も沢山、ありがとうございました。
競技直後の興奮したお顔などは普段絶対に見られないわ。
FTは猟銃を持たなくても、女性でも十分楽しめる競技だと思います。
パン粉ちゃんも、一生懸命鶉探しをしている姿が可愛かったですね。
鶉をせっせと運ぶパン粉ちゃん。色々な発見の多い一日でしたね。
美味しい土筆やセリ、ご馳走様でした。春の香り楽しみました。
2014.04.14 23:01
なるほど〜! >>>
フィールドトライアルがどんなものなのか、少し分かりました…見に行ってよかったです。次回は10月って…猟期だから、私、見に行けないし〜

パン粉ちゃん、ウズラ係りのオジサンを追いかけてるの、可愛かったです!そして、その姿をみて、ある意味あってるし。というパン粉母さまのつぶやきも聞き逃しませんでした(笑) ルネもおこぼれのウズラを咥えて大満足。

シェフが飛び入り参加したい、といったら怒られたらしいですけど…笑
パン粉母さまやホーリーママさん、そしてアップルマーさんなどなど、女性がどんどん増えたら、オジサマたちも喜ぶかも〜♪

2014.04.15 01:20
ホーリーママさん:希望の星ですね >>>
今回のことでホーリー君は注目の的から希望の星になりましたね!
みんなホーリー君とママさんがどんな風に変化していくか楽しみにしてますよ~
2014.04.15 07:06
るねママさん:参加すべし♪ですよ~ >>>
放鳥係の方は巨大な人間型ウズラですからね~パン粉は賢い!(^^ゞ
あの方がもう少し心が広ければ千葉支部はもっと楽しくなるのにね~
競技会は必ずシーズンOFFに開くから大丈夫ですよ。
神奈川の大会の方がオープンで賑やかそうだし、ギャラリー車で見学できるんだって。

2014.04.15 07:16
見たかったな~ >>>
楽しい大会になってよかったですね。
始まって以来のギャラリー数だったのじゃないかな?
しかも女性が多くて。

ホーリー君の今回のレザーブは、本当に嬉しいです。
ハルさん、またやる気が沸いてきたことと思うわ。
ホーリー君はその素質を持っているんだしね。
ブリちゃん達も始めての鶉経験ができてよかったですね。

コルクはボールとかは咥えないけれど、鶉は咥えて持ってきて落としてくれます。
パン粉ちゃんみたいに超ソフトバイトだといいんだけどな~。

全猟は鳥猟犬なら英・米・独・仏を問わず出られると思いますよ。
ただオープン枠というのは無く、避妊・虚勢は出来ません。
なので全猟会員になれば出られると思います。
でも、もうちょっと勝敗にシビアーで、セターポインターじゃないとかなり走り的には不利だと思います。
その点、全英は家族的で和気藹々とした雰囲気で、私達を快く受け入れてくださるからありがたいです。

あ~早く走りに連れて行ってあげたいな~。
その前に結婚式頑張らなくっちゃ。

2014.04.15 09:03
コルクママさん:見て欲しかったです >>>
リザーブじゃなくレザーブなんですね。
相方が予約賞なんて変な意味だな~と言っていたんですよ(^_^;)
気軽に楽しく和気藹々の全英って魅力的ですネ
やっぱり組織や団体には若い人や女性が参加しやすい雰囲気って大事ですよ。
さて、コルクママさんは結婚式に向けて全力投球!

2014.04.15 09:39
お騒がせの飼い主 >>>
初FT見学。とても楽しかったです。

パン粉ちゃんの「母さんのそばで走っているのが大好きーーっ、なの!!」がひしひし伝わってくる競技会での走りに胸キュン。なのに「あたしの獲物よ。離したくないのー」とウズラをくわえていた姿に、かわいいお顔の下に流れる猟犬DNAを確認。

ホーリーくんのワイルドでかっとびぃな走りと、それでいてちゃんとママさんの声に耳を傾けているその絶妙なバランンス。そして最後のウズラへのポイント。感動しました。

しっぽを地面と平行にして左右に動かしそしてピタッと動きを止める英系セター・ホーリーくん。一方アメリカンなイングリッシュセターモネ子は地面と垂直にピンと立てるポイント。
モネと暮らすまではガンドッグのことなどまるっきり知らず、狩猟をやる方から『この子はアメリカンだね」と言われ「いいえ、イングリッシュです」ととんちんかんな答えを返していた私。
なるほど、英系米系、同じセターなのに違うんですね、うーん、奥深い、とホーリーくんのポイントを見て実感。

おまけにFT会場でいろいろ声をかけてくださったやさしいおじさまたちから「この子(モネ)は米系だからレンジがめちゃめちゃ広いぞ」と指摘され、そうなんだ、「あの日倒れるまで爆走した」英系ホーリーくんより広いんだ、と軽くめまいが…。

千葉のFTを見学できて、いろいろな意味で犬との生活の幅がまた広がりました。

そして
粗忽者のケガを心配してくださり、いろいろご迷惑をおかけしまして、ほんとうに申し訳ございませんでした。
あの日のうちに整形外科医に診てもらえ、ホチキス止めの刑に処されてきました。
ありがとうございました。

モネのトレーニングと同時に私も筋トレに励み、野山で呼び戻しに応える犬と、転ばない身体の人間をそれぞれ目指します。

また遊んでくださいね。



2014.04.15 12:57
競技会 >>>
パン粉ちゃん、いい経験しましたね~しか<も、優しく咥えられるってスゴイです!
楽しめる事の選択肢が増えるのですから、たくさんの経験をさせてあげられたら犬も人も幸せですね。
コビだったらガブッといきそう。。。
2014.04.15 19:18
英系千葉 >>>
皆さまお疲れさまでした~m(_ _)m モネママさんホッチキスでしたか‥大事にならなくてよかったですね(^_^;)モネは訓練しだいで良くなると思いますよ! だって‥鳩!エッ\(◎o◎)/でしたからね~存在能力を開花させてあげてください! かっ飛びホーリー凄かったですね~o(^-^)oスタート時ママさんの後方に走り出したときは、ホーリーそっちじゃないぞ~と心で叫んでましたよ(^_^;)私のなかでは一番ホーリーが 輝いて笑顔で走っているように見えました たまには草原で走らせてあげてくださいねo(^-^)o パン粉母さん!お疲れさまでしたm(_ _)mパン粉は優しいワンコですね~表情でわかりました!薮に入れるのはちょっと‥ 可哀想みたいなワンコですね~(笑)
2014.04.15 21:09
モネママさん:その程度で良かった >>>
ホッチキスでしたか…(゜o゜)でもまぁその程度で良かった。
化膿しないように気をつけてくださいね。
久しぶりに会えたのにあんまり話ができなかったのがちょっと残念でした。
私はFTはもっと単純な競技だと考えていたんですが、そうではなかったですね~
目の前で優秀な犬の演技を見るとほんとに感動しました。
モネちゃんも挑戦してみませんか!?
2014.04.15 21:10
もみさん:コビちゃんもやろうよ~ >>>
この際みんな巻き込んじゃおうかな~なんて(^・^)
でも何か目的とか目標を持つのっていいもんだと思いますよ。
やってみませんか?
2014.04.15 21:17
ベルパパさん:パン粉はアイドル系どす >>>
ほんとにホーリー君は印象的でしたねぇ!
私もホーリー君がスタート後に逆方向に走ってしまって、どうなるかと思ったんです。
だって暴走&ぶっ倒れを見てるでしょ、気が気じゃなかったんですよ。
ホーリー君に比べてパン粉はまるでお譲ちゃんですよ~(^^ゞ
ベル君はまだまだこれから!今年の秋に再チャレンジですネ。

2014.04.15 21:29
行きたかった~ >>>
あ~行きたかったです!見学に行くつもりで、パン粉ママさにメールしようと思ったところで、用事が入ってしまい、泣く泣く諦めました。でも、ブログを読んで、無理してでも行くべきだったと後悔してます。

ホーリー君の雄姿を見たかった~。終わった後の表情、ほんと、「やりきったぜ!」って顔してますね。どのような走りだったのか、やはり直接見たかったです。

実は、次回は参加してみようかな・・・て考えています。いつも田んぼで勝手に雉を追いかけているんだから、それでいいと思っていたんですが、人と犬がどのようなコミュニケーションを取りながら進めているのか、そこに興味がでてきました。パン粉ママさんのブログの影響大ですよ~。次回、一緒に初参加できる方がいそうですしね!

それにしても、パン粉ちゃんの「あたしだってできるわ!」っていう表情、最高ですね。モネ嬢は相変わらず優雅で美しい。すっかりたくましくなったルネ坊やあっちゃんにも久しぶりに会いたかったな。あ~ん、やっぱり行けばよかった(そればかり・・・)。

2014.04.18 20:06
Bettyさん:10月開催にむけてGO! >>>
一番不安だったホーリー君もちゃんとゴールして、結局この大会は暴走犬ゼロ。
追悼を兼ねていたことで優秀なペアがたくさん参加していたようですよ。
千葉も神奈川も多分次回は10月。
コルク&ホーリー君の地元神奈川県大会はとても賑やからしいですよ!
2014.04.18 21:15
パン粉ママ見っけ >>>
全英千葉お疲れ様でした。
あんなにたくさんのブリタニー、ではなくてフランスからの輸入犬なので、ブルトンが正解かな?に会えるとは思いませんでした。
みなさん全猟の血統書があればぜひトライアルに参加してくれればうれしいです。
パットの動画を見ていたら、「チラ」っと映っている犬は失格になった我が家のベルです。
あそこまでは最高に良い動きをしていたのですが、最後が決められませんでした。
また機会があればご一緒したいです。
これからもよろしくお願いします。

ホーリーママにコルクママ、また一緒に遊びましょう。
2014.04.18 22:34
オッコパパさん:あれで失格ですか!? >>>
こんにちは~♪私がずっと見上げていたのはオッコパパさんというのですか~(笑)
「バッキング」というルールにはビックリしました!
FT用に特訓しないと絶対にできない事ですよ。
あるいはバッキングしなくて済むように必ず最初にポイントする特訓をするとか、
空ポイントして意地悪するとか。ヾ(- -;)コラコラ
「エパニュエル・ブルトン」というのが正式な名称のようですネ。
だからフランス系は「ブルトン」と呼び、米系を「ブリタニー」と呼ぶ。というのをどこかで読んだような…
競技が盛んになればきっとマナーも向上しますよね。
2014.04.19 07:30
競技スタイル >>>
初めまして、隠れパン粉ファンです。

パン粉家お仲間の皆さんが猟犬種にご理解を示している事、一猟犬ファンとしては嬉しく思います。
競技はとても奥が深く、マナーを重んじますねぇ。
今回の競技のように、犬がゲームを生産(フラッシュ)する場合は狩猟に重きをおいて行いますが、シューティング競技は、犬がポイントしたら人間が蹴だしたりしてゲームを生産します。
その際、犬は如何なる場合でもポイント姿勢(スタンチ)を崩してはなりません。
スタンチを崩してしまう事で、失格となる厳しいルールがあります。
JFTA(日本フィールドトライアル協会)で検索するとサイトもあります。
ここでも男性陣に混じって、女性がトップハンドラーとなって活躍していますよ。
残念な事に、JFTAは英ポと英セの世界ですけどねぇ・・・

雉当て遊びの際、頭の片隅にマナーを考慮したりすると、また遊びの幅も広がるのではないでしょうか。

パン粉ちゃんと母さんの活躍、これからも陰ながら応援しています。
2014.04.19 10:43
JFTA DOGさん: シューティングは… >>>
YouTubeでみたことあります。
「時間よ~止まれ!」て感じでポインターが画面に張り付いていて、
ハンドラーが後ろからやって来て箒みたいな物で雉を追い出すやつですよね。
あの競技は猟から発展した別文化という気がしますが、尻尾が重要なポイントだからブリタニーじゃ絵になりませんね~(~o~)
2014.04.19 20:14

コメント投稿フォーム

  • タイトル
  • メール(任意)
  • URL(任意)
  • コメント
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://iwananome.blog68.fc2.com/tb.php/470-b8f3c791

管理人:鉄腕たろう(パン粉母)

鉄腕たろう

千葉県在住。ブリタニースパニエル(フランスブルトン)の
パン粉(2011年7月生♀)と岩魚が大好きです♪

姉妹サイト

「岩魚のめ」 渓流釣りのサイト
■「寄り道」6/17更新newマーク そろそろ真竹も終了
「つばめの子ソラ」つばめのヒナの放鳥記
ログイン

最新記事の全一覧

ブログ内検索

リンク

おススメサイト
ドッグトレーニング
「ドギーカルチャー」栗栖トレーナー 
ドッグプラス
■犬種情報/ブリタニースパニエル
ブリーディングが引き起こす遺伝病
「犬たちの悲鳴」
「続・犬たちの悲鳴 告発から3年」
ブリタニースパニエル オフ会2013
■全国ブリタニースパニエルオフ会
「アダチセキヤ犬舎」
「ブリタニースパニエルCookie&Laimuのドタバタ」

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス