2017 08 << 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>
◆◆◆全英神奈川県支部大会(秋)10/9開催 参加者募集中 ◆◆◆

合同自主トレの成果は?

2匹のブリタニー キジアテ
10日前の事ですが、パン粉はFT再リベンジ、アップルちゃんはFTデビューを目指して合同自主トレ

ブリタニーたち 
パン粉のフレンドリーな性格は◎ですが、競技中に相手犬と遊んでしまったり、他の犬が一緒にいると気になってキジに集中できない点がウィークポイントです。
でも何度かアップルちゃんと自主トレしているおかげで徐々に集中力が上がってきています(^_^)v 

CIMG1044.jpg
そしてこの日は合同自主トレで初めてキジと出会えて3ファインド ~♪
アップルちゃんはしっかりパン粉の様子を見ていたので、少しはお手本になれた…かな?

自主トレ中  
アップルママが「バッキング」は犬の性質を考えた理にかなったルールかも?とポツリ。 
【バッキング】=先にポイントしている犬がいたら、後から来た犬は後方で待機するのがマナー。前に出たり邪魔をすると失格になります。
なるほどぉ、英国紳士が決めたルールというより犬にだって遠慮の気持ちはありますよね。
パン粉もニライカナイちゃんやレアちゃんと一緒の時は遠巻きに見ているだけでしたから。

2匹のブリタニー 
でもパン粉の集中力もアップルちゃんが消極的なのも、すべて猟欲が解決してくれるかも。
お互い猟欲ボルテージがマックスになれば相手かまわずガンガン行くような気がしますね~ 
 
木陰で休憩  
しかしガンガン行き過ぎてしまっては×なんだと気づかされたことが…!
アップルちゃんとキジ当てを終えて、家の前でパン粉を車から降ろした時にタイミング悪く猫と遭遇。
パン粉は逃げる猫を猛追!あまりに突然のことで「止まれ」の一言が言えませんでした。
車道が近ければ危ない場面でした。

後でムツゴロウさんのTV番組を思い出しました。
ムツゴロウさん 牛追い
「牛追いで一番大切なことは、止めなさいという時に止めることです」と話している畑さん。  
ボーダーコリーは牧羊犬として有能ですが、 熱中しすぎる性質のため噛み付いたり深追いするので牛追いには向かないそうです。
つまり猫でもキジでも我を忘れて夢中で追いかけるようではダメだということ。
 
dash.jpg  
ふだん田んぼや畑に入らないパン粉もキジが飛んで行くとこんな風に追い走りします。
この深追いは止めさせないといけないんだ~( ̄▽ ̄;)!!ガーン
 
キジのフラッシュ 
犬が夢中になってブレーキが効かなくなる前に止めてやるのも私の役割りでしたか!?
犬より自分の修行が足りん足りん。



関連記事

犬を撮影しながら歩くる場合もありますが日常的なものではありません。
10日 2014 犬(ブリタニー・スパニエル)の話
コメントはここから コメント件数 20

◆コメント欄

>>>
バッキングの話で 思い出すことが。。。クッキーがランで玩具で遊ぶ時 譲り合いを見せます。相手が先に取ると相手が離すのを待ちます。でも自分と違うルールの相手も居て一緒に遊ぼうとすると怒ります。今は私の番でしょみたいな。バッキングもそんな暗黙のルールがあるのでしょうか。ボーダーの話 面白い だからマザー牧場ボーダー居ないのかなって フムフムです。
2014.07.10 07:49
>>>
合同自主トレ、いい感じですね。
他のワンちゃんと遊ぶのも好きなパン粉ちゃんには、他の犬に気を取られずに集中することが必要なんでしょうね。
雉は日常茶飯事だけど、お友達と遊ぶ方がたまの出来事なんでしょうね。
コルクは遊びを知らない男なので、その点はいいのだけど、すぐに夢中になっちゃうのでねぇ。
バッキングは生まれ持ってできる子と、トレーニングで出来るようになる子といるみたいですね。
そんな場面になったことが無く、出来るかどうかわからないので、競技の時は、相手犬がポイントしたら、そちらに行かないように呼んでいます。
2014.07.10 08:48
クッキーママさん:犬は謎が多い >>>
犬の世界は知らないことがまだいっぱいあるみたいですね。
私が知ってるブリの中ではクッキーちゃんの猟欲が№1かも!
実は犬を飼うと決めたときの第一候補がボーダーコリーだったんですが、ボーダーの訓練士に止めた方がいいと言われて(^_^;)
「噛みつかないボーダーはいない」と言われるほど噛みつきが多い犬種らしいですね~
2014.07.10 09:30
コロママさん:スロースタートです >>>
コルク君と違ってパン粉はすごくスロースターターなんですよ。
訓練でも例え猟欲が上がってもこれは修正できないような気がしています。
だからバッキングをしないといけない可能性大!ですが、やっぱりその場を逃げるしかないですネ。
FTは時間制限があるし足が早いセターやポインターが相手では勝ち目はありませんが、楽しいからいいか~(^◇^)
2014.07.10 09:50
なるほど、むつごろうさん・・・ >>>
止めなさいというときに止めること。確かにそうですね。

最近のルネは、キジや鳩をジリジリ追い詰めて、飛ばしたらおしまい、と思ってるのか、あまり深追いしなくなった気がしますが・・・

這って逃げるキジ、ウサギ、ネコ、その他鹿やイノシシは、どこまでいっても匂いがあるから・・・逃げるものは追いたくなりますよね、むつごろうさんみたいに、そうなる前に止めることが重要なんですよね!

パン粉ちゃんもアップルちゃんもメキメキ成長、今度のFT楽しみですね・・・。
畑を走るパン粉ちゃんや飛ぶキジの連写。すごいです♪
2014.07.10 15:12
>>>
合同自主トレ、気の知れた仲間がいると効果も大きいですね。パン粉ちゃんは先輩として動けるし、アッちゃんはそれを見て学ぼうとしているし、いい関係ですね。
「止めなさいというときに止めさせる」う〜んその通りですね!さすがムツゴロウさん。(この画像のムツゴロウさん若い!)現行犯逮捕と同じなのかな。
2014.07.10 16:44
犬任せ >>>
合同自主トレ楽しそうですね。
私も参加してみたいです。

トライアルは相手犬に迷惑をかけないのが一番なので、バッキングができなければ、相手犬がポイントをしたら近づけなければいいです。
無理にバッキングを教えることはないと思います。
あとは犬任せで、自分の犬を信じて楽しめればいいと思います。
基本の自主性と協調性です。
秋の大会で会えることを楽しみにしています。

それからお知らせというか宣伝です。
我が家のベルが出産します。
父犬はCHタイソンの直子供で、素晴らしい犬です。
興味のある方は見学だけでも結構です。
よろしくお願いします。
2014.07.10 21:46
るねママさん:ハイ♪成長中~ >>>
何かをやれと指示するよりも止めさせる事のほうがずっと難しいですよね。
でも止めさせる事ができたら色んな場面で万能ですよ!
パン粉は「止まれ!」で止まるので、今度キジ当て以外の日常でもやってみようかな…
もし「止まれ!」で無駄吠えが止まったらスゴイ!

2014.07.10 21:56
>>>
止まれー!ダメーっ!って叫んでも、そうそう止まりませんよね〜。
(^_^;)
そのまま突っ走り、畑にシートを
張ってある上を突っ走り、穴だらけにしたことが。逃げろー!
ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3
2014.07.10 22:18
ナナ母さん:ナナちゃんには基本 >>>
セラピードッグのお仕事は全部訓練でマスターしていくことばかりでしょ。
だから「止めなさいというときに止めさせる」のはナナちゃんには基本なんでしょうね。
人間のサポートをする犬はみんなそうなんだと思います。
2014.07.10 22:23
オッコパパさん:おめでとう(^◇^) >>>
あら~ベルちゃんがお母さんに!?
出産予定日は13日ですか。
お家も新築したようだし、無事に元気な子が生まれるといいですね~

バッキングは訓練は「見たら逃げる!」ことです。逃げるが勝ち~(^^ゞ
パン粉は永遠にリベンジに違いないけど楽しいから良しとします。
2014.07.10 22:39
坪ちゃん:困ったカール君 >>>
カール君らしいと言えばカール君らしいけど…
ぜったい指名手配になってるよね~
面が割れてるから行方不明になってもちゃんと保護されるんですよ!

2014.07.10 22:52
>>>
パン粉ちゃんもアップルちゃんもFTに向けて練習頑張っているのですね。
犬も人も目標があると楽しいですよね!ましてやお友達も一緒だと尚、楽しい~♪
アップルちゃんのニッコニコ笑顔がそう言っているみたい(*^_^*)

2014.07.11 13:28
no means no! >>>
いやはや、なんと迫力のある、私の後ろ姿よ。。。涙笑
そりゃ、止めなさいと言って止めれば、良いですよね。笑
私は、シーザーミラン信奉者では無いのですが、一つだけ、実践している彼のメソッドがあります。それは、“事前に”ダメ!と言うこと。コレ非常に効きます。畑に入ってからではなく、入ろうかな?と思ったタイミングで、ダメ!と言うと、凄く、効きます。笑 でも、キジが出てしまえば、何にも聞かない。これが現実ですね。。。同時に、猟欲が強くなる事を願っているのですから、私も欲張りだな〜と思います。
パン粉ちゃんに、続け!で、頑張ろうと思います。
2014.07.11 15:04
もみさん:コビちゃんもできる! >>>
> 犬も人も目標があると楽しいですよね!ましてやお友達も一緒だと尚、楽しい~♪
キジ当てがこんなに楽しいなんて思ってもみませんでした。
コビちゃんも呼戻しOKでは?河川敷も遠くないところだからきますよね~!?
2014.07.11 17:16
アップルの飼い主さん:アリかも!? >>>
>“事前に”ダメ!と言うこと。
そういえば、吠えそうになっているときに吠えないように言うと効目があるから、ちょっと意識してやってみようかな…
シーザーミランは子犬の頃は参考になりましたが、今のパン粉とはマッチしなくなりました。
やっぱり畑さんかな(^^ゞ
2014.07.11 18:14
>>>
どんどん上達していく犬を見ているのは楽しいですね、(バッキング)うちの犬達は、他頭飼育と言う事もあり、自然とそれなりにする様になりました、あくまでそれなりです。
犬は犬の社会がありマナーもあるようですね
深追いは、する前に止めるのが一番なのかも知れませんね、うちは、常に犬に付きます。
様子次第ですが、犬が反応した時は直ぐに犬の行動を確認し側に向かいます。その方が支持もセーブもしやすいです。離れて見ていたら只のギャラリーな感じがするので、そうしています。
時には、止まっている犬(ポイント犬)にリードも付けるときがあります。
これは犬を守り完全にセーブするためです。
リードを付けマテと何度か繰り返すと飛び去っても、追わ無くなったりする犬もいます。
犬によって違うのでしょうが、色々試して楽しんでいます。兎に角マテは大切だと思います。
これからも色々試して、その犬らしさを壊さないであげてください
どの犬にもフランクなパン粉ちゃんが一番素敵だと思います。トライアルがすべての犬とは違う楽しみ方もあるのではないでしょうか?
でも目標は大事ですよね
トライアル活躍できることを祈ってます。
2014.07.11 20:50
pinoさん:パン粉はせっかちです >>>
やっぱり犬社会にもマナーや力関係があるんですね(^^)
フラッシュさるだけで追う必要はないんだからリードを付けるというのはいい方法ですネ。
実はパン粉は飼い主に似て短気なのか、ちゃっちゃとやって次に行きたいらしく、あんなに深追いするは珍しいんです。
多分あの時のキジは低空飛行で長~く飛んでいったからだと思います。
だからルネママのいうようにウサギなど地べたを這う獣は要注意なんですね。
パン粉のFTは年に2回の運動会のようなもの。気軽に楽しめるイベントです。
真剣に取り組まれている方の足元も及ばないし、ポインターとセター相手じゃ無理無理(^^ゞ
でも競技って日常的じゃないからワクワクしますよ。

2014.07.11 21:39
後追いは必要? >>>
我が家はキジの後追い、させてます。実猟では必要な部分があると思っていまして、特に半矢の回収などは、ある程度フラッシュして射撃した後のキジを意識してくれた方がいいと感じます。
ただ、やはり止めて欲しいときにやめてくれるかが大事というのは同じ考えです。
という訳で、我が家は訓練時、キジの後追いをある程度させ、頃合を見て「コーイ」と呼び戻す。半矢にしないのが一番なんですけどね(笑)
2014.07.13 10:03
ニライパパさん:リアルですね~ >>>
私はフラッシュしたキジを見送ってパン粉に拍手するだけですから、やはり実猟とは違うんですネ~
確かにレトリーブすることまで含めれば、落ちた場所や飛んだ行く先を確認して欲しいですもんね。
そうか…撃ち落すことを前提にしているかいないかの差は大きいのかも。

2014.07.13 21:49

コメント投稿フォーム

  • タイトル
  • メール(任意)
  • URL(任意)
  • コメント
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://iwananome.blog68.fc2.com/tb.php/495-e2f425c2

管理人:鉄腕たろう(パン粉母)

鉄腕たろう

千葉県在住。ブリタニースパニエル(フランスブルトン)の
パン粉(2011年7月生♀)と岩魚が大好きです♪

姉妹サイト

「岩魚のめ」 渓流釣りのサイト
■「寄り道」6/17更新newマーク そろそろ真竹も終了
「つばめの子ソラ」つばめのヒナの放鳥記
ログイン

最新記事の全一覧

ブログ内検索

リンク

おススメサイト
ドッグトレーニング
「ドギーカルチャー」栗栖トレーナー 
ドッグプラス
■犬種情報/ブリタニースパニエル
ブリーディングが引き起こす遺伝病
「犬たちの悲鳴」
「続・犬たちの悲鳴 告発から3年」
ブリタニースパニエル オフ会2013
■全国ブリタニースパニエルオフ会
「アダチセキヤ犬舎」
「ブリタニースパニエルCookie&Laimuのドタバタ」

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス