2017 09 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>
◆◆◆千葉FTCオープントライアル大会10/29開催 参加者募集中 ◆◆◆

野性の狼にボスはいなかった!?:本vol1

ゲノム解析で『オオカミは犬の祖先ではないと判明』というネット記事が出たのは去年の今ごろ。
犬も狼も“オオカミっぽい”イヌ科の生物から進化した、と考える方が私にはシックリきます。

ゲノムよりも衝撃を受けたのは最近栗栖さんに借りた『動物が幸せを感じるとき』です。
著者のテンプル・グランディン女史は自閉症でありながら優れた動物学者であり、畜産業界においても様々な活躍をしている。
※犬の不安を抑える「サンダーシャツ」は圧力療法とかボディラップといわれ彼女が開発した家畜の締め付け機を応用したものです。
temple-1.jpg
動物が幸せを感じるとき』
temple-2.jpg
『動物感覚』


野性のオオカミの群れには強くて支配的なボスなどいなかった!
L・デヴィッド・メック博士が13年間オオカミを研究した結果、
野性のオオカミは群れでは暮らさず、優位を維持するために他のオオカミと戦うアルファ(階級第一位)のオスなどもいない。野性のオオカミは人間のように家族単位で暮らし、メンバーは基本的に両親と子ども。親や兄妹とは交尾しないし優位をめぐって子が親に挑むことなどない。

そんなの聞いてないよ~~~!!\(゜ロ\)(/ロ゜)/

ではなぜオオカミの群れは強いボスが率いる階級社会だと言われてきたのか!?
野性ではなく人間に飼育されているオオカミで研究したから  

…( ̄▽ ̄;) ガーン

つまり人間の飼育下の雑多なオオカミたちだけがボスがいる階級制の群れを作るということで
本来は立派な父ちゃんと、たくましい母ちゃんと、賢い子どもたちのファミリーで一致団結!
絶対君主のボスも、密かにその座を狙うナンバーツーも存在しなかったんですね~
狼の群れ 画像はこちらを転用

となると
狼のボスのように飼い主は強いリーダーであるべき」という訓練法が揺らぎますね。
シーザー・ミラン氏のように影響力が大きなトレーナーもいます。
私もシーザーに傾倒していたし、今でも彼の訓練法が全て間違っているとは思いません。
テンプル女史もシーザーの”犬心理学センター”のように、攻撃行動がある犬や血縁もないし犬種もバラバラな犬たちが一緒に生活するためには、シーザーが群れのリーダーになるとうのは賢明な方法だと述べています。
メック博士は、「狼を誤解していたために犬についても誤解していたことに研究者や訓練士が気づくには、まだしばらく時間がかかるだろう」と言っています。

pan-1.jpg 一番白いのがパン粉

では、犬と人間の関係はどっちなんでしょう…
野性オオカミのような「家族」で、飼い主は父ちゃん母ちゃん?
飼育オオカミのような「群れ」で、飼い主は強いボス(アルファ)?

テンプル女史は、犬に必要なのは親だが、リーダーになる必要もあると言っています。
ただその理由は飼い主がリーダーにならないと犬がアルファになってしまうからではなく、
「人間の親が子どものリーダーになる必要があるのと同じことだ。飼い主がきちんと育てている限り、犬が飼い主をアルファと思っているのか親だと思っているのかは問題ではない。」

つまり犬がどう見ているかよりも、飼い主のイメージが優しくて毅然とした母オオカミであればOK!
けっして威圧的でちゃぶ台をひっくり返す父オオカミではないということですね~(^・^)

pan-2.jpg 抱きつくパン粉

そもそも犬は狼じゃないし人間と暮らすように進化してきた動物です。
遺伝的にみて犬は未成熟な狼だそうで、例えれば一生狼幼稚園の園児みたいなもの。
だから人間の幼児のように扱えばよいらしい(?)

テンプル女史の『動物感覚』という著書から抜粋してみます。
「犬は人間とともに暮らしてきた長年の間に、人間の心を読み人間が何を考えていて、
どのように振舞うかがわかる能力を発達させてきた。
このことは犬をオオカミと比較した調査でわかっている。
オオカミは人間の手で育てられていても人間の顔を読む能力をけっして獲得しない。
飼い主に助けてもらえそうな状況でも、たいてい飼い主の顔を見ない。
犬は情報を得るために常に飼い主の顔を見るし、とりわけ助けが必要な時は見る。
犬が私たちの気持ちを読むことを学んできたように、私たちも犬の気持ちを読むことを学んできたのだろう」

攻撃性や訓練についてなどまだ紹介したい内容がありますが、後日アップできたらと思っています。


関連記事

犬を撮影しながら歩くる場合もありますが日常的なものではありません。
30日 2015 犬(ブリタニー・スパニエル)の話
コメントはここから コメント件数 10

◆コメント欄

>>>
ブリタニーの燐です。
パン粉母さまのお話、とても興味深くて
以前より、ちょくちょく拝見していました。
いつも読み逃げしていて、すみません。。。

ワタシも同じ意見なのです。
人社会でも、かつて?今も?牢名主がいたように
限られた空間、限られた食べ物、限られた環境下に
ボスは存在します。(存在せざるをえなかった?)
逆に、自然界では一致団結しないと生き残れないと思いました。

飼われている動物と野生の動物は、
学習が異なる点があるかもしれませんけど
この著者がいうように、
飼い主が絶対君主になる必要なないですよね。
続きも楽しみにしています♪

ということで燐を叱ったことがない(笑)
親ばか飼い主でした。
これからも、よろしくお願いします。
2015.01.31 18:13
>>>
狼王ロボを思い出しました。たしか、ロボも家族で暮らしていたと記憶してます。
わたくしは、自分流でナナと暮らしていますので、うまくいかないことも数々あります。
なにしろ、信頼関係なのかなって最近思えてきました。いつか、ホンとの相棒になるよう頑張ろう!!ってちょこちょこ出てくるパン粉ちゃんが可愛い!!
2015.01.31 19:24
言われてみれば。。 >>>
よく、犬の祖先は狼とか、真しやかに言ったりしますね。
シーザーのとこも、人間の場合と同じく、孤児院の子達のお互いの絆が家族の様に強かったり。。。ドッグラン等では、やはり、固定面子の仲間意識が生まれたり。。。社会に出ると、ガキ大将の様な統率をとる犬が台頭して来たりするんでしょうね。
そこに人間が入って、犬達より強くなろうってのは、ウケますね。リーダーになるという、言い慣らされた言い回しに違和感があるのかも。。。リスペクトされよう!位で良いかな。笑 
2015.01.31 21:11
ともさん:栗栖さんと同じ~ >>>
ともさんこんにちは♪
トレーナーの栗栖さんも絶対に犬を叱らないんですよ~
私は程よく叱るタイプですけどネ(*^。^*)
2冊とも動物学であって犬の専門書ではないのですが、今まで常識的に行われたきた訓練や育て方とは違う発見があります。
近いうちに紹介しますね。
2015.01.31 23:58
ナナパパさん:信じることから >>>
私も信頼関係が一番だと思います。
まずは自分の犬を信じることから始まるような気がします。
特に幼児期のブリタニーは、こいつ大丈夫か?と思うようなハチャメチャですから…
それでもダメと思わず一生懸命信じることかな(^。^;)ゞ
2015.02.01 00:23
アップルの飼い主 さん:遠吠えする? >>>
ぜったいに人間の家族よりも野性のオオカ家族の方が仲良しですよ。
オオカミとの共通点が多い犬種と少ない犬種にいついても書いてあるんですが、
ブリタニーはあまりオオカミには近くないような気がするんです。
だって前の犬は良く遠吠えしたけどパン粉は未だに一度も遠吠えしません。
きっとアップルちゃんも。
2015.02.01 01:07
>>>
狼の群れは 生まれ落ちた時から家族ですから
争う必要がないので このお話はなるほどです。

犬は人と共にだと 偽家族の始まりですから
誰に付いて行けばいいの?と ワンは観察してから決めてるんだと思います。リーダーというよりは 付いて行くよ~みたいな感覚。
クッキーの場合は うちには親父いないんだぁ
優しいお姉さん?な私(笑)と暮らしてるんだぁ~♪ ”お姉さん?おばさんでしょ”の突っ込みは要りませんから~♪
みたいな感じなんでしょうね~(--l

私の個人的意見ですが シーザーは特殊な環境なので あれだけの数のワンを見るには しかも問題のあった成犬多数を丸く収めるには
リーダーにならないと 無理ではと思います。
あれはあれで良いのだと思います。

攻撃のお話 気になる~ 私も続きが聞きたいです 
2015.02.01 01:09
クッキーママさん:親犬との時間 >>>
テンプルさんもシーザーの施設のケースだとシーザーがリーダーになることは正しいと言っていますね。
人間と一緒に暮らす前の本当の親や兄弟との関係や時間が大切で、
それが満たされていない犬の問題についても触れてますよ。
次回紹介できるかな…
2015.02.01 18:37
>>>
犬もそうですが、家畜と野生動物は似ている容姿だけでは判断できませんよね
野鳥だって、家で育て上げれば家畜と同じ何処かで本能は眠っているのでしょうが、使われない本能は開花しません
猟犬も使わなければただの犬、いくら血統が良くても別の話
色々な環境の中で育つ間に、野生的に育つたりそうで無かったり
オオカミも例外ではないという事なのですね
人が管理し育てたオオカミは、野生オオカミとは違った行動様式が生まれる
色々な考え方があって、動物の観察ってすごく楽しいですね
凝り固まった考えは、やはりダメですね
わたくし悪い頭ですが、これからも頭は柔らかくしておきたいです
2015.02.03 17:18
pinoさん:犬種や血統 >>>
pinoさんが言うように犬を観察するのって楽しいし全然飽きないもんですね。
実はパン粉が1才ぐらいになるまで犬種や血統について深く考えたことがなくて(^^ゞ
犬はお金で買うのもじゃなく「捨て犬」と「雑種」が定番で、雑種の方が丈夫だし没犬種没血統の方が扱いやすいだろうと思ってたんです。
でもパン粉がブリタニーらしくなるにつれて、もっと犬に歩み寄ってみようと思って…そしたら犬種や犬についてもっと知りたくなってきました。
私は今までの犬には冷たかったとな~て後悔してます。
2015.02.03 23:31

コメント投稿フォーム

  • タイトル
  • メール(任意)
  • URL(任意)
  • コメント
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://iwananome.blog68.fc2.com/tb.php/547-9ac73db2

管理人:鉄腕たろう(パン粉母)

鉄腕たろう

千葉県在住。ブリタニースパニエル(フランスブルトン)の
パン粉(2011年7月生♀)と岩魚が大好きです♪

姉妹サイト

「岩魚のめ」 渓流釣りのサイト
■「寄り道」6/17更新newマーク そろそろ真竹も終了
「つばめの子ソラ」つばめのヒナの放鳥記
ログイン

最新記事の全一覧

ブログ内検索

リンク

おススメサイト
ドッグトレーニング
「ドギーカルチャー」栗栖トレーナー 
ドッグプラス
■犬種情報/ブリタニースパニエル
ブリーディングが引き起こす遺伝病
「犬たちの悲鳴」
「続・犬たちの悲鳴 告発から3年」
ブリタニースパニエル オフ会2013
■全国ブリタニースパニエルオフ会
「アダチセキヤ犬舎」
「ブリタニースパニエルCookie&Laimuのドタバタ」

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス