2017 10 << 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>
◆◆◆ ◆◆◆

命を守るトレーニング

ニコ
あら~パン粉にそっくり!

DSD_0009.jpg
この子はブラン君の弟分のニコ君です。
ブラン君と同じドトニー犬舎さん出身で、父親犬はパン粉と同じアンサンではなく、アンサンの孫(パン粉の甥)でした。だから似てるんですネ~(^v^)

DSD_0053.jpg
どうしても同じポーズで撮れませんでした。生で見るともっと似ている2頭です。

DSD_0019.jpg
おや~アップルちゃんにそっくり!

DSC_0015.jpg
この高貴な美貌とソフトタッチはどう見ても女子なんですが…ブラン(君)なんです。

白レバー
このアンニュイな雰囲気も物静かな性格も、ブリタニーらしからぬブリタニーですね~

アップル
これがアップルちゃんですが…分かりませんね(^_^;) アップルちゃんのブログを見てください!

トレーニング
この日はブラン君とニコ君の呼び戻しトレーニングのオビディエンスでした。
その結果、ブラン君はトレーニングの必要はなし。でもニコ君は絶対にやらなきゃダメ!
これは必須アイテム『ショックカラー』の説明を受けているシーンです。
電気ショックはほぼ使いませんが、発信音が犬たちの命綱ですから、その使い方も学びます。

DSC_0027.jpgDSC_0038.jpg
パン粉とブラン君は楽しそうに走り…ニコ君はリードつきで
OFFリードの犬と野山で遊ぶことは本当に快適ですね~
特にブリタニーはキジを捜すために作られた犬ですから、キジ当てが一番楽しいに決まってます。
でもキジ当ては銃を持たないハンティングです。ハンターは犬が幼犬の頃から訓練を積んでいます。
訓練もせず危険に対する対策も考えずに、気楽に放すことは止めた方が良いと思います。
愛犬の命を失ってからでは遅いのですから。この事に関しては後日改めます。


東金地区猟友会競技会3/1(日)開催
まだ間にあいます出犬申込は2/25まで 見学自由も自由です♪
詳しくはこのページをご覧ください。



関連記事

犬を撮影しながら歩くる場合もありますが日常的なものではありません。
24日 2015 犬(ブリタニー・スパニエル)の話
コメントはここから コメント件数 14

◆コメント欄

ブリタニー安全週間 >>>
笑 安全対策記事が、カブってしまいました。
今まで安全な気がしていたんですよね、何だか。。。
十分気をつけているつもりでも、予想外の事ってありますものね。でも、そんな想定外の事なんかで、愛犬を失いたくありません。車の救急箱、もうちょっと充実させよっと!
2015.02.26 09:59
アップルの飼い主さん:キジあてブーム? >>>
最近「キジあて」というフレーズを目にすることが多くなりました。
事故、罠、毒蛇、毒物、迷子…危険がいっぱいなのに、何の対策も施さずに放す人が増えたので責任を感じてます。
2015.02.26 10:26
>>>
うちも最近、…ずっと?(^_^;)
暴走、ウンPスリスリが増えてきたので、
ここのところ散歩はロングリードに
してます。
ビリビリ、導入しようか悩んでます。
2015.02.26 11:42
坪ちゃん:ショックカラーの使い方 >>>
それは悩ましいですネ~
高額だしショックカラーなど使いたくはありませんからね。
電気ショックはよっぽどのこと(人間や車に向かって突進、犬に噛み付くなど)がない限り使ってはいけないものだと認識してます。
頻繁に使うことは虐待ですし、使い方は必ず専門家に習った方がいいですよ。

発信音の方は猟で使う人が大勢いるように電気ほど危険はありません。
ただし、ごく稀に神経過敏で錯乱する犬もいます(カール君は大丈夫そうですが)
鳴らす目的が呼び戻しや問題行動を止めるためならば、鳴らす前も鳴らした後も絶対に声をかけてはダメ!
カール君に坪ちゃんの仕業だと気付かれてはいけません。
ウンPを食べようとした直前にピッ!と鳴らすとカール君はビックリして止めるはずです。
1~2回でやらなくなると思いますが…犬によりけりかな(^_^;)
カラーを買ったらしばらくは装着したままにして慣らしてください。
「カラーを着けると嫌なことが起こる」と思われては不味いからです。
慣れてきたらお出かけ時だけ着けるようにすると、「カラー=散歩=楽しいこと」になります。
などなど便利な道具も使い方次第なので、もし不安でしたら栗栖さんや専門家に相談してください。
2015.02.26 12:59
キジあて流行? >>>
キジあてが流行り始めてるのですか?
まったく意識してなかった。。。

野山を駆け回ってるときは本当に楽しそうな顔するし、キジ探してる真剣なまなざしには惚れ惚れ、飼い主もうれしいですしね・・・

でもどんな場面でも、犬をオフリードにすることのリスクマネージメントは必須、ですね。。。軽い遊びのつもりが悲しいことにつながるのはイヤだもの!
2015.02.26 17:05
るねママさん:猟欲が上がると… >>>
3才までが成熟期らしいから、今は従順でも猟欲が上がると戻りが甘くなり、
しまいに行方不明になる事だってありますよね。


2015.02.26 18:11
>>>
ナナは4ヶ月の時から、山で一緒に歩いていました。でも、数回、ダメかなって思ったことがあります。フリーで犬を引くことは、必ず危険があるということは、pinoさんから聞いていましたので、それなりに用心をしていましたが、そうはいきません。山へ行くと魅力的なものが沢山ありますしね。40分山から帰ってこなかったり、有刺鉄線で傷だらけになったり。
フリーで歩くのは危険だと言うことですね!
2015.02.26 18:47
ナナパンさん:40分も行方不明(@_@) >>>
さすがハイパーなナナちゃん、けっこう崖っぷちの経験があるんですね~
結果的に無事だったから良かったけれど、1つ間違えば取り返しがつきませんもんね。
事故で犬を失う辛さは言葉になりません…
2015.02.26 19:42
>>>
みなさんのブログを見て、楽しそうだな~って思う人が多いのでしょうかね。

私なんて、迎えたばかりのコルクがあまりにもハチャメチャだからトレーニングを始めたので、その頃は雉当てなんて思いもしませんでした。

雉当てをして遊べるまでに随分かかりました。
それでも心配性な私は気が抜けない。
100%の安全はありえないかもしれませんが、先ず安全、そして楽しく遊びたいですね。


2015.02.26 20:41
コルクママさん:キジ当て=自主トレ >>>
ブルタニーは小柄なのでちょっとした場所でも放しやすいのですが、
大型のセターやポインターはなかなかそうはいきませんから、そのぶんブリの飼い主よりも用心深い気がします。
キジ当ても見方を変えればトレーニングみたいなものだと思いませんか。
2015.02.26 21:27
>>>
個々のライフスタイルによるのでしょうが我が家は、やっぱり野山を駆け周らせてあげたいんですよね~幸運にもその環境が近くにあったので2代目も現コビもフリーで遊べるように我流で訓練してきています。
何度か危険な目にも合っているので「過信しない!」がワタシの教訓となっています(^^)
犬の安全を守るのは飼い主しかいませんもんね!

2015.02.27 11:04
もみさん:コビちゃんは2代目だもの >>>
コビちゃんは2代目のブリタニーだし、しかも初代は北海道の原野で釣りのお供をしていたブリですから、
飼い主の経験値というかベースがシッカリしてますからね~(^o^)
アップル+コビ+パン粉のブリ3ムスメでキジ当てしましょう!
2015.02.27 15:52
>>>
ニコ君ったらパン粉ちゃんにそっくりですね。可愛い系の男子♥ ブーちゃん先生はアッちゃんにそっくり!そしてウチのナナはヒナちゃんにそっくり。こんどそっくり大賞しましょう!
野山でフリーにして遊ぶにはそれなりのトレーニングが必要。犬たちの本能は素晴らしいけれど、人間がコントロールできるように愛犬と一緒に訓練して信頼関係を築くことが一番でしょうね。ほんとうに過信は禁物です。
競技会、楽しんでくださいね!お天気が・・・・微妙かな。
2015.02.27 17:29
ナナ母さん:農繁期は特に危ない >>>
私が知る限りそっくり大賞は絶対にナナちゃんとヒナちゃんで~す♪
どんなに従順な犬でもキジやウサギと遭遇して豹変する場合があるので恐いですよ。
特に猟期が終わるとくくり罠が増えるので、そういう危険も待ち受けていますしね。
2015.02.28 08:49

コメント投稿フォーム

  • タイトル
  • メール(任意)
  • URL(任意)
  • コメント
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://iwananome.blog68.fc2.com/tb.php/559-ed29e29d

管理人:鉄腕たろう(パン粉母)

鉄腕たろう

千葉県在住。ブリタニースパニエル(フランスブルトン)の
パン粉(2011年7月生♀)と岩魚が大好きです♪

姉妹サイト

「岩魚のめ」 渓流釣りのサイト
■「寄り道」6/17更新newマーク そろそろ真竹も終了
「つばめの子ソラ」つばめのヒナの放鳥記
ログイン

最新記事の全一覧

ブログ内検索

リンク

おススメサイト
ドッグトレーニング
「ドギーカルチャー」栗栖トレーナー 
ドッグプラス
■犬種情報/ブリタニースパニエル
ブリーディングが引き起こす遺伝病
「犬たちの悲鳴」
「続・犬たちの悲鳴 告発から3年」
ブリタニースパニエル オフ会2013
■全国ブリタニースパニエルオフ会
「アダチセキヤ犬舎」
「ブリタニースパニエルCookie&Laimuのドタバタ」

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス