2017 06 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>
◆◆◆

神奈川支部大会のレポ(前編)

フィールドトライアル 神奈川
総勢36頭が参加した全英神奈川支部の競技会(フィールドトライアル)の模様を紹介します。

見学車輌にのった見学者
この会場は相模川の河川敷の直線コースなので、こんな見学車輌があります。

見学者
もちろん徒歩のギャラリーもOK


【若犬】 今回は幼犬の出犬がなかったので若犬(1.6~3才未満)からスタート。
セターとポインター
栗栖家のポーは普段通りに大声で唄いながら走り(^^ゞ 相手犬のロッキーは3位入賞でした。

若犬
栗栖家2番手のランは遠路長野から参加のミモザ家のミリと。

ミリ
暴走が恐くてオフリードはDランだけというミリが、なんと若犬の部で優勝を飾りました!
ということは呼び戻しさえマスターできたら鬼に金棒ですね~

アイリッシュセター
アイリッシュセッターのトルクは相変らず美しかったし、ハンドラーはじゃんけんが強かった!


【オープン】 今大会からオープン部門も正式に表彰されることになりました♪
優勝
優勝はセターのペッパー
ポインター
G・ポインターのネスタは準優勝
オープン1組目の2頭が1位と2位でした。次がパン粉の番だったので見学できなくて残念です!
 
モネ
もっと残念だったのがモネ&リアンが見れなかったこと!
先日の本部大会で入賞に匹敵する敢闘賞を獲ったモネと、栗栖さんが絶賛するリアンとの組み合わせなのに撮影すらもできなかった(>_<) 悔しいな~!

応援
モネは3位入賞という素晴らしい成績\(^o^)/ 飛行機にポイントしてたのが嘘のようです。
「血統の良い犬でもボンクラはいるし保護犬でも優秀な犬は優秀」と中川審査員が言っていましたが、まさにモネのことですね!

疑惑のドッグスクール
(ここでリアンの驚きのエピソード)
常々保護犬は優秀な犬が多いと言っている栗栖さんが、今一番注目しているのがリアンです。
リアンとは初対面だと思っていたら、なんと~2年前にパン粉とクッキーで参加した疑惑のドッグスクールの「体験レッスン」に居た生徒のだったのです!写真に写っていました~♪ 
早く気付けばいいのに1年以上も通ったそうです(o_ _)ノ彡☆ヾ(- -;)笑い過ぎ
 
ブリタニースパニエルブリタニースパニエル
オープン部門2組目がニライとパン粉でしたが、パン粉のことは後回しにします。

ニライ
実のところ自分のことで必死で、ニライの動きをちゃんと見ることはできませんでした。

ハンドラー
でも秋の大会でルアンと一緒の時はパン粉が先行してルアンの姿は最後まで見えなかったのですが

DSC_0106a.jpg
今回はこういうシーンが何度もあって、それが不思議なような気もするし…なんだか嬉しかったです。

DSC_0097a.jpg
こうやってみんなで歩く時間も長かったのですが、競技中は犬だけ見て黙々と歩くんです(*^。^*)

DSC_0124a.jpgDSC_0125a.jpg
ブリタニーの中で私が一番期待していたのがナナでした。
出身の愛玩系犬舎とは異質だと思っていましたが、血筋は犬舎と違う生粋の猟犬だと知って納得。

DSC_0126.jpg
気が強く負けず嫌いなせいか、相手犬に先に行かれそうになってオラオラ~とやっちゃいまして…

ブリタニースパニエル
ニライのような平静さが備われば、もっとゲームに集中できてスゴイ犬になるはずです。
ナナパパのブログを見ると、冷静にこの時のことを分析しているので千葉大会はリベンジですね!

Jポインター
オープンの最後にカナイと登場したルアン(G・ポインター)はみごとにレザーブを獲得!
ず~っと離れてしまったので全く見えませんでしたが、きっといつもの集中力でフルパワーですね。

ブルトン
そして同じ組のカナイ&ママペアには予期せぬことが起こったのです~~( ̄▽ ̄;)
 
ハンドラーハンドラー
まるで逃げるように走るハンドラーのニライママと追いかけてくるカナイ

DSC_0143a.jpg 立ち尽くすニライパパ
何が起こったかと言うと…快調にスタートしたカナイですが、少し行くと「パパ~何してんのぉ~?」
と後方を歩くニライパパを迎えに来てしまうのです。仕方なく撮影は諦めニライパパ撤収。
写真は必死にカナイを呼んで走るハンドラーというシーンですが、カナイはパパを呼びにスタート地点まで戻ってしまったんです~(;^◇^;)ゝ
結局ニライパパも一緒にゴールイン。作戦ミスで競技は実力を発揮できずに終わりましたが、
可愛いですよね~犬って♪ 神様の贈り物は最高です~
ニライママのドタバタがとっても愉快に描かれているのでニライカナイのブログも必見(*^。^*)


後半「成犬の部」につづく



関連記事

犬を撮影しながら歩くる場合もありますが日常的なものではありません。
30日 2015 犬(ブリタニー・スパニエル)の話
comment(-)

trackback

trackbackURL:http://iwananome.blog68.fc2.com/tb.php/572-9dd3af3c

管理人:鉄腕たろう(パン粉母)

鉄腕たろう

千葉県在住。ブリタニースパニエル(フランスブルトン)の
パン粉(2011年7月生♀)と岩魚が大好きです♪

姉妹サイト

「岩魚のめ」 渓流釣りのサイト
■「寄り道」6/17更新newマーク そろそろ真竹も終了
「つばめの子ソラ」つばめのヒナの放鳥記
ログイン

最新記事の全一覧

ブログ内検索

リンク

おススメサイト
ドッグトレーニング
「ドギーカルチャー」栗栖トレーナー 
ドッグプラス
■犬種情報/ブリタニースパニエル
ブリーディングが引き起こす遺伝病
「犬たちの悲鳴」
「続・犬たちの悲鳴 告発から3年」
ブリタニースパニエル オフ会2013
■全国ブリタニースパニエルオフ会
「アダチセキヤ犬舎」
「ブリタニースパニエルCookie&Laimuのドタバタ」

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス