2017 04 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>
◆◆◆

千葉鎌ケ谷鳥猟犬クラブ オープントライアル

出犬
「千葉鎌ケ谷鳥猟犬クラブ」はローカルでも全猟に次ぐほどの歴史あるクラブだそうで、
関東各地から集まった頭数は80を越えていて(遠くは福島)伝統を感じました。
でも全猟の血統書がないと出犬できないというのは少々寂しい気がしました。
人間の係わりで保護犬になった鳥猟犬ですから、受け入れてくれると嬉しいですネ~

鎌ケ谷鳥猟犬クラブ
全猟も猟友会もどのクラブも、とにかく鳥猟犬関係は宣伝をしてくれないので口コミだよりです。

オッコパパ
参加者はもちろん見学者が増えればもっと会員が増えと思うのは私だけでしょうか…?
もしオッコパパさんから情報を頂かなければ4日の「下総トライアル」も今回も17日の「オール関東ガンドッグ」も知らないままに終わっていたはずです。
オッコパパは誰にでもフレンドリーですが、特に今回は顔見知りの方がいなくて浮いていたのでオッコパパの笑顔が最高に嬉しかったです!ありがと~♪

コース
コースは「幼犬・若」「成犬A」「成犬B」で3つに分かれていて、パン粉は成犬Bコースでした。
3コース同時進行なので見学し難いことが残念ですが仕方がありませんね。

トライアル
でも土手の上からだとこんな風に競技の様子が手に取るように見えて最高です!

放鳥係
ゲームを仕込む放鳥係の方。これもテクニックが必要みたいですよ~

オッコパパとベル
リンちゃんの演技は見ることができませんでしたが、ベルちゃん(5.7才セッター)は見学できました。

ポイント
オッコパパの手があがりました~(^^♪

beru4.jpg
ベルちゃんは走りも良く2ファインド!
2回目のゲームをフラッシュさせられず入賞は逃しましたが胸を張れる演技だと思います。
決勝戦を見て、やっぱりこの大会はレベルが高いな~と感じましたもん(^。^;)ゞ


土手から撮れば良く見えたのですが…でも同行してるのも臨場感があります。(3:55)
グランドワークだけは決勝戦に登場した犬たちに引けを取らないと思います。<( ̄^ ̄)>
しかしグランドワークの良さがバードワークに繋がると褒めてもらっても、成犬なのにポイントもスタンチも0点ではダメですよ~
ただ電気柵ショックは微塵もなくてホッ(^・^) 一体全体犬って分からんことばかりだ!

昼食
昼食にはお弁当の他お餅入りの鴨鍋や鴨の焼き鳥などを振舞っていただきました。
私はお手伝いもろくにできずにウロウロしていたのに、見学だけのアップルママがスタッフさんに溶け込んでいた様子が頼もしかったです!
そういう気配りが大事なんだな~と猛反省しました。

ブルタニーのコナン君
休憩タイムに応援に着てくれたアップル、基 コナン君と。。。あれ~?
デカイ!デカイぞ!特に顔が。顔が17kgもあるそうです(☆_@;)☆ \(`-´メ)ソンナワケナイダロ

ブリタニーのティミー君
最初はコナン君の迫力に圧倒されていたティミー君。帰りにみんなと遊んではじけていたそうです♪
写真はありませんがアップルママ、リアンママ、豚さん、コルクママ&パパ、応援ありがとう~


ポイントとバッキングのお手本のような2頭です。(0:39)
ハンドラーの合図があればバッキングしている犬も飛び込んでOK。が、ちょっと危ないシーンが!

Course1.jpg
ゲームが車道側に飛ぶこともあるので、やはり呼び戻しやウォー(静止)は重要ですね。


この様子は一部なので説明すると。。。。
最初に白いセッターがポイントしてスタンチの姿勢でいると、後から来た白黒のセッターが近づいてグルグル回った後でバッキング。だからその時点で減点です。
本当は白黒のセッターは相手犬がポイントしているのを目視した時点でバッキングするのがマナー。
バッキングも回避もせず相手の仕事の邪魔するのは「スティール(横取り)」というそうです。

CIMG6307.jpgCIMG6309.jpg
白いセッターのスタンチはシッカリしてますネ~羨ましい。

CIMG6307s.jpg
でもゲームをちゃんとポイントしてるのは白黒のセッターのように見えます。
翌日A氏から先に止まった犬が尻尾を振っていたらバッキングしなくてもスティールにはならないという話を聞いてビックリ!
尻尾プルプルはポイントじゃないんですって~! 良かった~パン粉には尻尾がないo(≧▽≦)o
競技会ならではのこういうルールを学ぶのも面白いですネ~

上位成績の犬たちは17日のオール関東ガンドッグクラブにも登場するかも知れないので注目です。

【成犬の部】
優  勝:エヒメチェリー・ドリームジョー(セター) 山口厚行さん
準優勝:ムロイ・ハンターズ・カレン(セター) 室井邦夫さん
3  位:カマガヤ・チェイスヒル・マック(ポインター) 松本忠雄さん

【若犬】
優  勝:Kワダ・グラウスリッヂ・クイーン(セター) 酒巻明さん
準優勝:ダイアナ・YH・ベンジャミン・デクシー(ポインター) 山田章夫さん
3  位:ウインググラウスリッヂ・ジュリー(セター) 渡部猛さん

【幼犬】
優  勝:オオワ・エルフュー・テンポ(ポインター) 落合満さん
準優勝:クリヤーウォータースーパー(セター) 山田章夫さん
3  位:ロマンス・レノア(セター) 若海孝二郎さん

千葉鎌ケ谷鳥猟犬クラブのみなさま、大変お世話になりました。
至らないところが多々あったと思いますが今後ともよろしくお願いいたします。



関連記事

犬を撮影しながら歩くる場合もありますが日常的なものではありません。
12日 2016 犬(ブリタニー・スパニエル)の話
コメントはここから コメント件数 20

◆コメント欄

>>>
先日はお疲れさまでした。
パン粉ちゃんの走りが後半しか見られなくて残念。
でも動画でその様子が分かりました。
よく走っていますね。
全体としては、バッキングあり、スチールあり、飛び出しありのハラハラドキドキもありましたが、とても楽しめました。
今週末はWエントリーとか。
お会いするのを楽しみにしています。
2016.01.12 15:23
成犬ではパン粉だけかも… >>>
成犬でポイントができなかったのは多分パン粉だけだと思います。
良くやったという気持ちとダメだなという気持ちと折半です。(^^ゞ
17日はお試しでWエントリーしてみましたが、もしかするとコルク君との組合せになるかもしれませんね!
2016.01.12 16:01
やはり動画! >>>
こうして動画で見ると、現場の雰囲気は、よく分かりますね。
バッキングも、徐々に、明確にわかってきました。今度、練習で、バッキングするかどうか、みてみよっと。。。!
入賞の方々の名前をみて、顔が浮かぶ様になってしまいました。笑  もうちょっとだけ、道路に出にくい会場で、開催してほしいですね〜〜!! 
2016.01.12 16:25
>>>
関東各地から集まった大会は見ごたえがあったのでしょうね!パン粉ちゃんも復活され、楽しんだようで何より♪
土手の上からの見学は全体が見渡せてよい学習になりそうです。
17日もエントリーされたそうで!コビ家も応援に行きますので頑張ってくださーい、楽しみにしています。
2016.01.12 16:33
相当ビビッてましたね! >>>
まさに危機一髪が3つもあるとやばいな~と思いますよ。
とか言って終わったとパン粉もゲームを追って土手を爆走したんです。(^^ゞ
パン粉はフィールドによって走り方が全然違うみたいです。。。当たり前なのかな…?

2016.01.12 17:27
きっと見学には最適ですよ >>>
そうなんです!2頭の犬とハンドラーが俯瞰で見えてとっても分かりやすいですよ~
放鳥ありと放鳥なしの2つにエントリーしました。
上から見られたらパン粉の短所と長所もバレバレですね。
2016.01.12 17:35
濃い大会でした! >>>
お疲れ様でした。
当日ご挨拶もせず失礼しました。
パン粉ちゃんのグランドワークは最後までスピードも落ちずセッター、ポインターに遜色無い素晴らしい走りでブリタニー流石と思わせるものでした。
何時もの雉あての時とは一味違うパン粉ちゃんを見ることが出来ました。
17日はとてもパン粉ちゃんの様な走りは出来ませんが、ブリタニーらしい動きが出来れ良いなと思います。
2016.01.12 22:28
>>>
素晴らしい構成ですね。
役者も良いし、なんてね。
宣伝効果も大きいと思いますし、訓練の重要性も伝わってきます。
たくさん犬の本は出ていますが、こんな競技があることを載せる本もないので知らない人が多いと思います。
鳥猟犬の本能を生かして遊ぶ競技は犬たちにとっても楽しいはずです。
もっとたくさんの方に知ってもらいたいですね。
今週もみんなで会えるのを楽しみにしています。
2016.01.12 22:32
経験値なのかも >>>
私も今頃気がついたんですがパン粉はフィールドによって動き方が全然違うんです。
もしかすると「今日はFTだからジグザグ走ればいいのよね~」なんて考えてるのかも(^。^;)
17日は少しティミー君のお尻を追わずにパパさんがグングン歩いてくださいね。
2016.01.12 22:53
リンちゃんを見たいな~ >>>
オッコパパが教えてくれたおかげなので感謝してます。
オール関東の斉藤会長さんはトライアルの裾野を広げたいとおっしゃっていたので
次回も頑張ってPRに努めたいと思います!(^-^)ゝ
今度はなんとしてもオール関東では変身したリンちゃんを見たいな~
2016.01.12 23:14
>>>
パン粉ちゃんいい走りしてます、バッチリ完全復活ですね!土手からの観戦、これいい感じです。自転車積んで行けばなお良いのかな。次週も頑張ってくださいね~!!
2016.01.13 09:08
その通りです! >>>
そうなんですよ~!
3つのコースを端から端まであるくとかなりの距離があるので
歩道から自転車で観戦するのが一番いい方法だと思います。
2016.01.13 11:50
>>>
ご無沙汰しております。
いつも読ませていただいているのですが、なかなかコメントが入れられず失礼しています。

この大会、見学もしやすそうでいいですね~
今週末もまた楽しみ。

ミリも前回の富士の反省をもとに、再度呼び戻し練習しています。
大会に出るかどうか関係なく呼び戻しは大事ですからね~
2016.01.14 09:21
訓練に終了はないのですネ >>>
勢いよく車道に飛び出た犬が3頭もいたんですよ!
呼び戻しも止まれも待ても・・・これで完璧!ということはないんだな~と思いました。
鳥にスイッチが入ったときにコントロールできるかできないかがテーマですネ~
2016.01.14 10:00
おつかれさまでした。 >>>
パン粉ちゃんも母さんも、不慣れな会場で、見知らぬ人々の中で、健闘しましたよ~!すばらしいです。

FT、こうやって勇気を持って自分から飛び込んでいかないと、ルールとか諸々を知ることは難しいのですね・・・バッキングとかスティールとか・・・

応援には行けませんが、ぜひ今週末もパン粉ちゃんと楽しんできてくださいね~♪
ブログ、楽しみにしてます。
2016.01.14 18:08
成犬の部では勝てません >>>
左右に走りながらゲームを探す様子はなかなかなんですよ。
でもそれだけでではどうしようもありません。
成犬なんですからポイント、スタンチ、フラッシュもできないと評価の対象にすらならないのだと思います。
2016.01.14 21:06
>>>
お疲れ様でした~パン粉母さんの言うとおり
グランドワークだけではダメなんだと言うのはよ~くわかります、我が家の今年の課題は緩急のある走りとバードワークに尽きます、競技会に参加したり見学したりすることで今までよくわからなかったことを教えてもらったり犬のことマナーのことなど学ぶことが多いですね、17日は賑やかになりそうですねよろしくお願いします。
2016.01.14 21:27
体系化できたなら。。。 >>>
リアンちゃんはポイント、フラッシュができたら優勝できるレベルだから何とかしたいですよね~
パン粉はばっちりポイントすることもあるんです。
どういうときにポイントするのか?逆にポイントしないのか?…さっぱり分かりません。
アジリティのようにポイントが指示できればな~
17日リアンちゃんと同じ組になったら面白いですネ~
2016.01.14 21:59
臨場感ありますね! >>>
応援のつもりが、間に合わずみれなかったので、動画で応援しちゃいました。
現地での観戦中の解説も大変勉強になりました。
17日のWエントリー頑張ってください。
なんか楽しい大会になりそうですね!
ウチのはいつになる事やら。。。
2016.01.14 22:23
待ってますo(^o^)o >>>
幼犬部門は1歳半までです。たいがい放鳥なしです。
だから3、4月の大会に出ることはできますよ。
目指してみるのもいいかも?
遅くても秋にはデビューできますね。
2016.01.15 07:56

コメント投稿フォーム

  • タイトル
  • メール(任意)
  • URL(任意)
  • コメント
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://iwananome.blog68.fc2.com/tb.php/644-0eec4f97

管理人:鉄腕たろう(パン粉母)

鉄腕たろう

千葉県在住。ブリタニースパニエル(フランスブルトン)の
パン粉(2011年7月生♀)と岩魚が大好きです♪

姉妹サイト

「岩魚のめ」 渓流釣りのサイト
■「寄り道」6/17更新newマーク そろそろ真竹も終了
「つばめの子ソラ」つばめのヒナの放鳥記
ログイン

最新記事の全一覧

ブログ内検索

リンク

おススメサイト
ドッグトレーニング
「ドギーカルチャー」栗栖トレーナー 
ドッグプラス
■犬種情報/ブリタニースパニエル
ブリーディングが引き起こす遺伝病
「犬たちの悲鳴」
「続・犬たちの悲鳴 告発から3年」
ブリタニースパニエル オフ会2013
■全国ブリタニースパニエルオフ会
「アダチセキヤ犬舎」
「ブリタニースパニエルCookie&Laimuのドタバタ」

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス