2017 08 << 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>
◆◆◆全英神奈川県支部大会(秋)10/9開催 参加者募集中 ◆◆◆

梅雨の隙間に久々のキジ当て

梅雨明けが間近になるとキジの子どもたちもすっかり大きくなってボチボチ巣立ちです。
でも暑くてキジ当てできる日も激減してるし、雑草の勢いがすごくて良い場所も激減!


必ずパン粉の姿が見えるフィールドでやるようにしたらポイントする確率が上がってきたようだし、
私が追いつくまで待てるようにもなってきました。
まだまだ完成度は低いですけどネ(# ̄ ∀ ̄#)


動きを観察しているとパン粉の癖や考えていることが分かるようになってきました。
でも草むらに入ってしまうと全然読めません。

扇風機
いよいよ夏本番! 暑さ対策は水、ペット氷、それから乾電池式のミニ扇風機~(^v^)
パン粉はどんなに走っても滅多なことで座ったり腹ばいになりません。
それだけタフな犬とも言えますが、自主的にクールダウンしないタイプは突然死や秋に体調を壊すそうなので要注意ですネ



関連記事

犬を撮影しながら歩くる場合もありますが日常的なものではありません。
26日 2016 犬(ブリタニー・スパニエル)の話
コメントはここから コメント件数 6

◆コメント欄

キジは親離れの時期なんですね! >>>
今年はまだ暑くないから、楽ですね~!
パン粉ちゃん、ばっちりのポイント!!!
鼻先からの飛び立ち・・・パン粉母さんと一緒に驚いちゃいました。笑 そんなことだから実猟の現場では外すんでしょうね・・・涙

ルネは、毎回ひとっ走り終えるとぺターンと腹ばい・・・ぶっ飛び過ぎないようにそうしたのもありますけど・・・それにしても体力ないですね、ルネ坊ちゃん。苦笑
2016.07.27 16:26
驚かないなんて無理ですよね~ >>>
ルネママの射撃の腕前が素晴らしいのはお墨付きなんですけどネ・・・
特に大きな雄キジが飛び出したときは腰を抜かすほどビックリしますよね(^_^;)
夏に無理すると秋に急性肝炎や膵炎を起こすというから無理しないで正解ですよ。
ただし腹ばいはダニー軍団が突撃しやすいかも~(+。+)
2016.07.27 17:54
もう懲り懲り >>>
人一倍気をつけているつもりでも、詰めの甘さから、暑さ寒さでは、色々あったアップル。鉄腕さんを、見習らわなくては、と思います。パン粉ちゃん、ポイントするようになって、ますます、楽しくなっちゃいますね! 
2016.07.28 23:14
犬は意外とデリケート >>>
自分でセーブできないタイプの犬は本当に用心しないと突然具合が悪くなる!
一昨日は前足をひねったらしくビッコになって1日中シュンとしてました。
翌日には治ってましたけどね(*^^)v
ポイントできるまで随分年月がかかりましたが、やっとです。
2016.07.29 16:34
>>>
パン粉ちゃん、ポイントしてますね!
いろんなトレーナーさんが言うように自然とするようになるものなのですね、流石ですね。
コビは空も多いですが(笑)ポイントしてくれると、こちらも分かりやすいです。
キジあてが再開になるのが楽しみですね!

2016.07.30 21:11
パン粉はオクテ >>>
パン粉は色々と器用な犬なんですがポイントはオクテです(+_+)
ポイントしないことも多いからまだまだでんな~
2016.07.31 10:23

コメント投稿フォーム

  • タイトル
  • メール(任意)
  • URL(任意)
  • コメント
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://iwananome.blog68.fc2.com/tb.php/683-8927eeea

管理人:鉄腕たろう(パン粉母)

鉄腕たろう

千葉県在住。ブリタニースパニエル(フランスブルトン)の
パン粉(2011年7月生♀)と岩魚が大好きです♪

姉妹サイト

「岩魚のめ」 渓流釣りのサイト
■「寄り道」6/17更新newマーク そろそろ真竹も終了
「つばめの子ソラ」つばめのヒナの放鳥記
ログイン

最新記事の全一覧

ブログ内検索

リンク

おススメサイト
ドッグトレーニング
「ドギーカルチャー」栗栖トレーナー 
ドッグプラス
■犬種情報/ブリタニースパニエル
ブリーディングが引き起こす遺伝病
「犬たちの悲鳴」
「続・犬たちの悲鳴 告発から3年」
ブリタニースパニエル オフ会2013
■全国ブリタニースパニエルオフ会
「アダチセキヤ犬舎」
「ブリタニースパニエルCookie&Laimuのドタバタ」

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス